家電製品をスマートフォンでリモート操作
−ネットワーク接続学習リモコンの使い方−

家庭内の家電製品のコントロールや使用電力のモニタ/制御などをネットワークを利用して一括管理するホームシステムとして『スマートホーム』 が注目されており、スマートハウスとも呼ばれて家電/住宅/自動車メーカーなど各種業界が積極的に推進しています。

このようなスマートホームの大事な機能の一つとして家電製品を家庭内や外部からリモート操作することが挙げられていますが、 これは家電製品をコントロールする学習リモコンを利用すると簡易に実現できます。
具体的な方法としては、家電機器の個別の赤外リモコンをまとめて操作できる据え置き型の学習リモコンを利用することです。 この学習リモコンにネットワーク接続機能を搭載してホームネットワークに接続できるようにしておき、 学習したリモコン機能をスマートフォンやタブレット等のモバイル機器でリモート操作できるようにします。

家庭内にはエアコンやテレビ、レコーダ、オーディオ機器、照明器具など赤外リモコンを利用している製品が多数ありますが、 これらをまとめてコントロールする学習リモコンがホームネットワークを介してスマートフォン等と連携できれば、 スマートフォンにインストールしたアプリを使ってリモート操作することが可能になるわけです。(図1を参照)
これは室内だけでなく、インターネットを介して外出先などの外部からも行えます。

このようなネットワーク接続機能を備えた据置型の学習リモコンは数社から発売されており、 例えば「eRemote」、「Pluto」、「iRemocon」、「Wi-Fi接続学習リモコンユニット」、「IRKit」などの製品があります。
これらの機器は以下の図1のようにホームネットワークに接続して、 更にインターネット回線にも接続できるので、これらをコントロールするためのアプリをスマートフォンやタブレットにインストールして使用すれば、 家庭内でも外出先などの外部からでもリモート操作することができます。

また、温度、湿度、明るさなどのセンサーや使用電力量をモニターできる電力コンセントなどが学習リモコンと連携できていれば、 家庭内の状況をスマートフォン等でモニタ/コントロールすることも可能です。

図1 家電製品をスマートフォンでリモート操作

家電製品をスマートフォンでリモート操作

以下では、ネットワーク接続機能を備えている代表的な赤外学習リモコンとして、
 ・eRemote
 ・Pluto
 ・iRemocon
などの製品を取り上げて、これらの概要や特徴などについて紹介します。

<関連製品情報>
eRemoteの新製品「eRemote mini」
Wi-Fi接続できる赤外学習リモコンeRemoteを小型化、低価格化した新製品「 eRemote mini 」が2016年10月に発売されました。
eRemote mini

Wi-Fi接続学習リモコンユニットの新製品
スマートフォンでAV機器や家電製品のリモート操作ができるWi-Fi接続学習リモコンユニット 「 REX-WFIREX1 」 が2015年12月にラトックシステムから発売されました。
赤外線リモコンの信号をアプリに登録することで、様々な機器をスマートフォン1台で操作できます。家庭内だけでなく、外出先などの外部からもリモート操作することができ、 リモコン本体には温度、湿度、照度のセンサーも備えています。

IRKit
IRKit は、 Wi-Fi機能の付いたオープンソースな赤外線リモコンデバイスです。家庭のエアコンやテレビ、照明など赤外線で操作できる家電を、 iPhoneやiPadなどから操作することがでます。
また、IRKitは公式のリモコンアプリから操作できるほか、IRKit iOS-SDKを使えば任意のタイミングで赤外線信号を送れるiOSアプリを簡単に作れる特徴があります。





家電をスマートフォンでリモート操作できる学習リモコン製品

テレビ、レコーダ、エアコン、照明などの家電をスマートフォンでリモート操作してスマート家電のように扱うための学習リモコンが製品化されています。 ここでは代表的な製品である「eRemote」、「Pluto」、「iRemocon」を紹介します。
これらの主な仕様、特徴は以下の表1にまとめておきました。


表1 ネットワーク接続学習リモコンの比較

販売会社 リンクジャパン プルート グラモ
製品名 eRemote Plutoステーション iRemocon Wi-Fi
ネットワーク機能 Wi-Fi 有線LAN Wi-Fi/有線LAN
外部からのアクセス 無料 無料 月額300円
内蔵センサー 温度 温度/湿度/照度
タイマー 有り 有り 有り
専用アプリ e-Control (主にブラウザ形式) iRemocon Wi-Fi
マクロ機能 有り 有り 有り
備考 eSenser、
ePlug等も発売
Plutoタップ別売 音声操作/GPS連動。
アクセスポイント機能
参考価格 8,400円 13,800円 22,400円
価格・口コミ eRemote RJ-3 Plutoステーション iRemocon WiFi


(1)eRemote(イーリモート)
eRemoteの最新製品「eRemote RJ-3」は、他の2製品と比べると最も低価格なので導入し易い製品です。 ネットワーク機能は無線LAN規格IEEE802.11b/g対応のWi-Fiを搭載しています。 また、温度センサーも備えているので部屋内の温度を外出先などの外部から確認することができます。

以下の図2のように三角形の形状をしており、赤外線端子が7本付いているので360度送信が可能です。また、タイマー予約機能が備えられています。
eRemoteを操作するアプリは「e-Control」がAndroidやiOS向けに提供されているので、スマートフォンやタブレットにインストールして使用すれば、 eRemote本体の学習リモコン機能を家庭内や外部からリモート操作できます。

また、eRemoteを発売しているリンクジャパンからは、関連デバイスとして下記の製品も発売されています。
eSensor 」(温度、湿度、照度などが分かるWiFi対応環境センサーデバイス)
ePlug 」(スマホで100V電源をON,OFFできるリモートコンセント)

eRemoteの設定や使い方の詳細については、
 「家電をリモート操作する学習リモコン「eRemote」の使い方
で紹介していますのでご覧ください。


図2 eRemote(11cm x 11cm x 高さ3.5cm)

eRemote



図3 eRemoteの紹介動画(YouTubeより)




(2)Pluto(プルート)
Plutoは、図4のような長方形の Plutoステーション が学習リモコンの本体です。ホームネットワークとの接続は有線のLANケーブルで行います。
Plutoステーションの設定はPlutoのサイト「http://pluto.io」に接続してブラウザで行う形式になっていますが、iOS向けのアプリも提供されています。
学習させる赤外リモコンのプリセットは最も充実しているので、家電製品を登録する手間が少なくてすむ特徴があります。

また、接続した機器の消費電力をモニタできる電源タップ「Plutoタップ」がPlutoステーションとセットで発売されています。

図4 Plutoステーション(11cm x 8.2cm x 3.3cm)

Pluto



図5 Plutoステーションの紹介動画(YouTubeより)




(3)iRemocon(アイリモコン)
iRemoconは、ホームネットワークとの接続を有線で行うタイプとWi-Fiで接続するタイプの製品がありますが、 最新の機種「 iRemocon WiFi 」 は両者で接続できるようになっています。 また、この新製品はWi-Fiのアクセスポイントとしての機能を備えており、 無線LANの中継器やコンバータとしても使える特徴があります。
形状は図6のように円形となっており、各種センサーが内蔵されているので温度、湿度、照度などを検出できる特徴があります。

アプリは「iRemoconWi-Fi」(Android/iOS)をスマートフォンやタブレットにダウンロードして使います。 なお、次の機能を利用する場合はアプリ内課金(月額300円)でプレミアム会員になる必要があります。
 ・外出先からのリモコン操作
 ・音声によるリモコン操作
 ・GPS連動によるリモコン操作

図6 iRemocon Wi-Fi(直径14cm x 高さ3.8cm)

iRemocon



図7 iRemocon Wi-Fiの紹介動画(YouTubeより)




<関連ページ>
低価格な学習リモコン「eRemote」の詳細については、
家電をリモート操作する学習リモコン「eRemote」の使い方
のページで紹介しています。