Twonky Beamの新バージョン(Ver.3.5.0以降)の使い方

Twonky Beamはスマートフォンタブレットなどのモバイル機器向けのDLNA/ DTCP-IP対応アプリです。 BDレコーダーnasneなどの録画番組/受信放送や、 パソコン・NASなどに保存されている動画/画像(写真)/ 音楽などを家庭内の好きな場所でスマートフォン等を用いて再生・視聴することができる特徴を持っており、 更に、これらのコンテンツをスマートフォンやタブレットにダウンロード保存して持ち出しすることができるので、 外出先などの家庭の外でも視聴することができます。

Twonky Beam新 Twonky BeamはAndroid OSやiOS向けに提供されていますが、アップデートされて新バージョンVer.3.5.0になり、 前バージョン(Ver.3.4.4以前)に比べてユーザーインターフェースが図1-1のように大きくリニューアルされました。
DLNA/DTCP-IP機能については変わりありませんが、操作手順などが変わっていますので以下で紹介していきます。

図1-1 新Twonky Beamの起動画面
(Ver.3.5.0以降)

新Twonky Beamの起動画面(Ver.3.5.0以降)

図1-2 旧Twonky Beam起動画面
(Ver.3.4.4以前)

旧Twonky Beamの起動画面(Ver.3.4.4以前)

Twonky Beamはモバイル機器内のコンテンツを再生・視聴できるだけでなく、以下の図2のように、 ホームネットワークに接続されている機器/コンテンツと連携して下記のような使い方ができます。

(1)外部機器コンテンツを持ち出し
ホームネットワークに接続されているBDレコーダー、nasne、パソコン、NASなどのコンテンツをスマートフォンやタブレットにダウンロード保存して持ち出せる。

(2)本体内のコンテンツを再生
カメラ撮影した動画/写真や(1)で持ち出したコンテンツをスマートフォンやタブレット本体で再生したり、 ホームネットワークに接続されているパソコンやデジタルTVなどで再生させることができる。

(3)ホームネットワーク上のコンテンツを再生
ホームネットワークに接続されているBDレコーダー、nasne、パソコン、NASなどに保存されている録画番組/動画/画像(写真)/音楽をスマートフォンやタブレット本体で再生したり、 他の機器(パソコン、デジタルTV、ネットワークメディアプレーヤー等)で再生させることができる。
BDレコーダーやnasneで受信しているデジタル放送(地デジ/BS/CS)をスマートフォンやタブレット本体でそのまま視聴できる。

(4)インターネット動画を再生
YouTube、vimeo、U-NEXT等のインターネット動画サービスサイトに接続して、 アップされている動画などをスマートフォンやタブレット本体で再生・視聴できる。

以下では、(1)〜(4)の具体例をスマートフォンの画面を使って紹介します。 なお、スマートフォンはXperia Z1を使用しています。

図2 Twonky Beamの使い方

Twonky Beamの使い方


<最新情報> Twonky Beamの配信終了
TwonkyBeamをTwonkyBeamは以下の日程で配信終了となっています。
 Apple AppStore : 2016年10月31日(月)
 Google Play: 2016年12月7日(水)
 Amazon Market : 2016年12月7日(水)
従って、インストールしてあるものを利用していく事になるので注意してください。
なお、録画番組の持ち出しができる他のアプリとしては下記のアプリがあります。
 「Media Link Player for DTV

Twonky Beamの有料化について
Twonky Beamの新バージョン(Ver.3.5.0以降)は、Google PlayやAppsストアなどから無料でダウンロードできますが、 デジタル放送を再生できるDTCP-IP機能を利用する場合は有料となります。
デジタル放送番組を再生する際に「アプリ内課金」が指示されるので、課金手続きを行うことになります。

<関連ページ>
Twonky Beamの旧バージョン(Ver.3.4.4以前)の使い方については下記のページで紹介していますのでこちらをご覧ください。
Twonky Beamでデジタル放送や動画を再生・視聴
Twonky Beamの使い方 −放送・ビデオ・画像・音楽のストリーミング再生をスマホで操作−

<参考>スマートフォン関連ページ
DLNA対応スマートフォン
  DLNAに対応している製品やアプリを紹介。
DTCP-IP対応スマートフォン −デジタル放送番組の再生・ダビング−
  放送番組も扱える著作権保護方式DTCP-IPに対応している製品を紹介。
スマートフォンの使い方 −Wi-FiでPCやNASの動画・音楽・静止画を再生−
  Wi-Fiで接続するホームネットワークの構成例・各種設定や再生結果を紹介。
スマートフォン用DLNAアプリ「Skifta」の使い方(1)−概要とクライアント機能−
  DLNAに正式準拠しているアプリ「Skifta」の便利な使い方を紹介。




Twonky Beamで外部機器コンテンツを持ち出し

ホームネットワークに接続されているBDレコーダー、nasne、パソコン、NASなどのコンテンツをスマートフォンやタブレットにダウンロード保存する手順を紹介します。

(1)図3の起動画面で『外部機器コンテンツを持ち出し』をタップします。
(2)すると、図4のように外部機器/ソフトが一覧表示されるので選択します。
(3)nasneを選んだ場合の録画番組リストを図5に示してあります。
(4)NASを選んだ場合の動画リストを図6に示してあります。

図3 Twonky Beamの起動画面

Twonky Beamの起動画面

図4 外部機器の選択

外部機器の選択


図5 nasneの録画番組を持ち出し

nasneの録画番組を持ち出し

図6 NASの動画を持ち出し

NASの動画を持ち出し




Twonky Beamで本体内のコンテンツを再生

カメラ撮影した動画/写真や持ち出したコンテンツをスマートフォンやタブレット本体で再生したり、 これらのコンテンツをホームネットワークに接続されているパソコンやデジタルTVなどの外部機器で再生させる場合について紹介します。

(1)図7の起動画面で『本体内のコンテンツを再生』をタップします。
(2)続いて、図8のように「持ち出し」、あるいは「動画」、「音楽」、写真」を選びます。
(3)本体内の動画を選んだ場合を図9に示しました。
(4)本体内の動画を外部機器で再生する場合を図10に示しました。

図10で「外部機器で再生」をタップすると、再生に使用できる機器/ソフトが表示されるので選びます。
ここでは、外部機器はデジタルTVに接続した小型Android端末を選んであるので、 インストールされているプレーヤーアプリ「eHomeMediaCenter」が外部機器として表示されています。

図7 Twonky Beamの起動画面
(本体内のコンテンツを再生を選択)

Twonky Beamの起動画面(本体内のコンテンツを再生を選択)

図8 コンテンツの選択
(持ち出しコンテンツを選択)

コンテンツの選択(持ち出しコンテンツを選択した場合)


図9 コンテンツの選択
(動画を選択した場合)

コンテンツの選択(動画を選択した場合)

図10 コンテンツの再生
(動画を外部機器で再生する場合)

コンテンツの再生(動画を外部機器で再生する場合)




Twonky Beamでホームネットワーク上のコンテンツを再生

ホームネットワークに接続されているBDレコーダー、nasne、パソコン、NASなどに保存されている録画番組/動画/画像(写真)/音楽をスマートフォンやタブレット本体で再生したり、 他の外部機器(パソコン、デジタルTV、ネットワークメディアプレーヤー等)で再生させる場合について紹介します。

(1)図11の起動画面で『ホームネットワーク上のコンテンツを再生』をタップします。
(2)すると図12のように外部機器/ソフトが一覧表示されます。
(3)NAS内の録画番組を選んだ場合を図13に示しました。
(4)NAS内の動画を外部機器で再生する場合を図14に示しました。

外部機器はデジタルTVに接続した小型Android端末を選んであるので、 インストールされているプレーヤーアプリ「eHomeMediaCenter」が外部機器として表示され、動画は大画面のデジタルTV上で再生されます。

また、BDレコーダーやnasneで受信しているデジタル放送(地デジ/BS/CS)をスマートフォンやタブレット本体でそのまま視聴することもできます。 nasneを使用した場合の画面例を図15、図16に示しておきました。
例えば、図16で「地上デジタル」を選ぶと、各放送局の放送中番組がリスト表示されるので、放送番組をスマートフォンで直接視聴できます。

図11 Twonky Beamの起動画面
(ホームネットワーク上を選択)

Twonky Beamの起動画面(ホームネットワーク上を選択)

図12 外部機器/ソフトの一覧
(外部機器/ソフトを選択)

外部機器/ソフトの一覧(外部機器/ソフトを選択)


図13 NASの録画番組を選択して再生

NASの録画番組を選択して再生

図14 NAS動画を外部機器で再生

NAS動画を外部機器で再生


図15 nasneの受信放送を視聴
(ライブチューナを選択)

nasneの受信放送を視聴ライブチューナを選択)

図16 nasneの受信放送を視聴
(地上デジタルを選択)

nasneの受信放送を視聴(地上デジタルを選択)




インターネット動画をTwonky Beamで視聴

Twonky Beamの起動画面の『インターネット動画を再生』をタップすると(図17)、図18のように動画サービスサイトのリストがアイコンで表示されるので、 いずれかを選ぶとそのサイトにアクセスすることができ、掲載されている動画をスマートフォンやタブレットで視聴することができます。
モバイル機器のWi-Fi機能をONしておけば、ホームネットワークを介してインターネットサイトに接続できます。 また、Wi-Fi機能をOFFにすればデータ通信回線(LTEなどの高速回線等)を利用して動画を視聴することもできます。

図17 Twonky Beamの起動画面
(インターネット動画を再生を選択)

Twonky Beamの起動画面(インターネット動画を再生を選択)

図18 動画サイトの選択画面
(各アイコンをタップする)

動画サイトの選択画面(各アイコンをタップする)