Miracast(ミラキャスト)とは
− ワイヤレスHDMI −

Miracast(ミラキャスト)はWi-Fi関係の業界団体であるWi-Fi Alliance (ワイファイ アライアンス)が策定した無線通信方式であり、 スマートフォンやタブレットなどの画面をデジタルTVやディスプレイにワイヤレス(無線)で表示することができます。 有線で接続する場合はHDMIケーブル等でつなぎますが、Miracastに対応している機器どうしは無線で接続できるので、 Miracastは「ワイヤレスHDMI」とも呼ばれています。
2013年夏モデルのスマートフォンの多くが採用するようになったOSのAndroid 4.2がMiracastを標準でサポートするようになったので、 ワイヤレスHDMIを利用できる機会が増えてきました。

Miracastを利用して無線で接続するには、以下の図『Miracastの使い方』のように、 Miracast規格に対応しているスマートフォン・タブレットやパソコン(一部のノートPC等)とMiracast対応のアダプター装置が必要です。 アダプター装置はHDMI出力端子を備えているのでHDMIケーブルを用いてデジタルTVやプロジェクターに接続します。
Miracastでは無線通信方式としてWi-Fi Directが利用されているので、 無線LANルーター(アクセスポイント)などの無線LAN環境が無くても機器どうしが1対1で通信できる特徴を備えています。
次に、Miracast対応のアダプター装置としては、
 ・IO DATA社の「WFD-HDMI」
 ・ネットギア社の「PTV3000」
 ・パナソニックの「EB-L70181」
などを始めとして各種製品が発売されるようになりました。
また、デジタルTVの中にはMiracast機能を内蔵しているシャープのデジタルTV「スマホライフAQUOS MX1」がありますが、 その他にはソニーBRAVIAの一部の製品(スクリーンミラーリング機能搭載)などが対応するようになっています。

以下では、Miracast(ミラキャスト)の概要を知るために、

  • Miracastの特徴と使い方
  • Miracast対応HDMIアダプターの製品例
  • Miracast対応デジタルTV、プロジェクターの製品例

について紹介します。

Miracastの使い方
(スマートフォン・タブレット等の画面をテレビやプロジェクターに表示)

Miracastの使い方


<最新情報>
Miracast対応のモバイルプロジェクター「RP-MP1」がラトック・システム(株)から2015年12月に発売されました。 Miracast機能をもつAndroid4.2以降のスマートフォン、タブレットの映像や写真を最大100インチのスクリーンサイズで見れます。
カラーはブラックとピンクゴールドがあり、店頭予想価格は35,000円。

スマートフォンやタブレットの映像などをHDMI搭載のテレビに表示できるMiracastレシーバ「LDT-MRC02」をエレコムが2014年3月上旬より発売する。 店頭予想価格は10,805円前後。

Windows 8.1またはWindows RT 8.1 がプレインストールされているパソコンがMiracastに対応。


<参考情報>Wi-Fi Directについて
Wi-Fi Directは無線LANルーターが無くても無線機器どうしが1対1で直接通信できる規格であり、Wi-Fi Allianceが策定しました。 Wi-Fi Directに対応しているデジタルTVやBDレコーダーが発売されており、パソコンやスマートフォン、プリンター、デジタルカメラ、 デジタルビデオカメラなどもWi-Fi Directに対応するようになってきました。
Wi-Fi Directの特徴、使い方や製品例の詳細は、「Wi-Fi Direct(ワイファイ ダイレクト)とは」のページをご覧ください。




Miracast(ミラキャスト)の特徴と使い方

Miracastは、Wi-Fi Allianceが策定した「Wi-Fi Direct」 という1対1の無線LAN技術を採用しているので、ホームネットワークを構成する無線LANルーター(アクセスポイント) などの無線LANの環境は必要ありません。 また、Wi-Fi Directが備えている簡易接続方式(WPS)や暗号化技術(WPA2等)が利用されており、更に、 HDMIで接続するところを無線化しているので著作権保護技術としてHDCP2.0/2.1が採用されています。

Miracastでは映像はH.264で圧縮されて伝送され、音声はLPCM/AAC/AC3が用いられているのが特徴となっています。 また、解像度は1920x1080、フレームレートは60fpsのフルHDまで対応しており、 音声出力は5.1チャンネルのサラウンドにも対応しています。

スマートフォンやタブレットを使用する際は、Miracastに標準対応するようになったOSのAndroid 4.2が必要になりますが、 Android 4.1以前の機器でもMiracastを利用できる機種があります。 また、iOS5のiPhoneやiPadもMiracast対応アダプターによっては利用できる場合があります。

パソコンについては、インテルの「WiDi」のバージョン3.5以降がMiracastに対応しているので、最新のノートPCはMiracast対応機種が増えてきています。

Miracast対応アダプターについては、IO DATA、ネットギア、パナソニックから製品が発売され、その後も各種製品が発売されていますが、 利用できるスマートフォンやタブレットが限定される場合がありますので製品毎に動作確認機種などをチェックしておく必要があります。


使い方の注意点
(1)画質について
H.264を用いたデータ圧縮により映像を伝送するため、HDMIケーブルに比べると画質が劣ります。

(2)無線での接続距離について
IEEE802.11nの無線LAN規格で通信するので、距離が離れていたり途中に障害物があると映像の乱れが生じることがあります。

(3)Wi-Fi機器との共用について
無線通信にはWi-Fi Directを利用しているので、Wi-Fiによるデータ回線は同時には使用できません。 従って、インターネット上のコンテンツなどをテレビにワイヤレス表示するには、LTEや3Gなどのモバイル通信回線や有線LANなどを用いる必要があります。




Miracast対応HDMIアダプターの製品例

スマートフォンやタブレットの画面をデジタルTVやプロジェクターなどにワイヤレスで表示するには、 Miracastに対応しているアダプター装置をデジタルTVやプロジェクターなどにHDMIケーブルで接続して使用します。
主なHDMIアダプター製品について以下に紹介します。

プリンストン:デジ像HDMI Miracastアダプター「 PTW-MA1」
デジ像HDMI Miracastアダプターはプリンストン テクノロジーから2014年6月に発売されました。 デジ像 Miracast本体をテレビのHDMIポートに接続し、USBから給電すると、 スマートフォン/タブレットでMiracastの接続をONにすればテレビ画面に映しだすことができます。
また、無線アクセスポイントとブリッジ接続することでDLNAのレンダラー(DMR)として使用できるので、 スマホやタブレット内、あるいはNASなどに保存してある動画や静止画を本製品に転送して再生することができます。
プリンストン デジ像HDMI Miracastアダプター PTW-MA1

デジ像HDMI Miracastアダプター PTW-MA1


IO DATA:無線HDMIアダプター「WFD-HDMI」
無線HDMIアダプター「WFD-HDMI」は『ミラプレ』という商品名で2013年7月に発売されました。
動作確認済みのスマートフォンは、IO DATAのサイトに掲載されています。

無線HDMIアダプター「WFD-HDMI」


ネットギア:ワイヤレスディスプレイ用テレビアダプター「PVT3000」
解像度は1920x1080のフルHDまで受信できます。
動作確認済みのデジタルTV製品は、ネットギアのサイトに掲載されています。

ワイヤレスディスプレイ用テレビアダプター「PVT3000」


パナソニック:ワイヤレスディスプレイアダプター「EB-L70181」
パナソニックのスマートフォン
 ELUGA P(P-03E)
 ELUGA X(P-02E)
の画面表示が確認されています。
解像度は1280x720で受信できます。
「EB-L70181」の詳細は、パナソニックのサイトを参照してください。

ワイヤレスディスプレイアダプター「EB-L70181」


その他のワイアレスHDMIアダプター
 エレコム LDT-MRC02

 ラトックシステム REX-WDTV1

 プリンストン PTW-MA1(デジ像HDMI)

<Miracast対応HDMIアダプターの価格比較>
(パナソニックの「EB-L70181」はこちらをご覧ください。)




Miracast対応デジタルTV、プロジェクターの製品例

Miracast機能を内蔵しているデジタルTVやプロジェクターの主な製品例を以下に紹介します。

シャープのMiracast対応デジタルTV
シャープのデジタルTV「AQUOS」の中ではスマホライフAQUOS「LC-24MX1」がMiracast機能を内蔵しているので、 HDMIアダプターが無くてもスマートフォンやタブレットの画面を直接に表示することができます。
動作確認済みのスマートフォン等は、シャープのサイトに掲載されています。

ワイヤレスディスプレイ用テレビアダプター「PVT3000」


ソニーのMiracast対応デジタルTV
ソニーのデジタルTV「BRAVIA」では、「スクリーンミラーリング」機能にMiracastが採用されていますので、 この機能を搭載している「X9200A」、「W900A」、「W802A」、「W650A」、「W600A」などの各シリーズが対応しています。
「スクリーンミラーリング」の使い方については、ソニーのサイトを参照してください。


LGのSmartTV
LGのデジタルTV「SmartTV」はMiracast機能を内蔵しているのでスマートフォン等の画面をテレビの大画面に直接表示できます。
Miracast対応のテレビ製品は、LGのサイトを参照してください。


Miracast対応プロジェクター
DellからMiracastに対応したポータブルプロジェクター「M900HD」が発売されています。(2013年7月23日発売)
インテルのワイヤレスディスプレイ(WiDi)とMiracastに対応しているので、 パソコンやスマートフォン・タブレットの画面を大きく拡大して表示することができます。
WiFi-Docアプリを使用して、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレットなどのモバイルデバイスと接続できます。

ワイヤレスディスプレイ用テレビアダプター「PVT3000」