最新情報・ニュース(2017年1月〜)
−ホームネットワーク/デジタルホーム関連−

ホームネットワーク(家庭内LAN)による デジタルホーム構築に関連する最新情報・ ニュースを紹介します。
新製品発売や新技術の発表などを順次掲載していきます。
最新更新日 2017年4月21日

最新情報・ニュースの過去履歴は、下記の各ページにまとめてあります。
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2009年)




年月日 関連分野 内 容
2017年
4月21日
無線LAN

既存Wi-Fiルーターの混雑チャンネル回避能力をブーストし、5GHz帯のDFS帯域を使いやすくするアダプター「Portal Boost」、米IDLが日本向け出荷

21日、既存のWi-Fiルーターに有線LANケーブルに接続するだけで、 5GHz帯のDFS(Dynamic Frequency Selection:動的周波数選択機能)帯域を有効に使用するなどして、 混雑したWi-Fiチャンネルを回避できるようにする機器「Portal Boost」を発売すると発表した。

2017年
4月21日
PLC

家の電源コンセントに挿すだけで、電気配線で離れた部屋とデータ通信が行えるPLCアダプター、アイ・オーが「PLC-HD240E」発売

高速電力線搬送通信に準拠した第3世代PLCアダプター「PLC-HD240E」シリーズを4月下旬に発売する。 想定売価(税別)は、親機・子機がセットになった「PLC-HD240E-S」が1万4000円、増設用の子機「PLC-HD240E」が7550円。 最大通信速度(規格値)は240Mbps。PC不要で通信速度の測定も可能。

2017年
4月21日
ディスプレイ、IoT

and factoryとアトモフ、スマートなデジタル窓「Atmoph Window」の拡販に向けた戦略的パートナーシップを締結

Atmoph Windowは、壁にかけるだけでそこに擬似的な窓を生み出すスマートな窓型のIoT製品。 4K撮影された世界中の動く映像とリアルなサウンドによって、空間に開放感をもたらす。 時計、カレンダーや天気予報など、すぐに見たい情報を表示しておくことができる。

2017年
4月20日
デジタルTV

東芝、49型で実売16万円の4K「REGZA C310X」。レグザエンジンBeauty搭載

4K液晶テレビ「REGZA C310Xシリーズ」を4月28日に発売する。43型「43C310X」が13万円前後。 外付けUSB HDDを接続する事で録画もでき、放送を見ながら、裏番組の2番組録画も可能。SeeQVaultにも対応。 IEEE 802.11a/b/g/nの無線LAN機能も搭載。「ひかりTV 4K」や「4Kアクトビラ」、「Netflix」「YouTube」の4Kコンテンツ再生も可能。

2017年
4月20日
スマートホーム

グーグル・ホーム、複数ユーザー対応、個人を識別する音声認識機能を追加

4月20日、グーグルは独自のグーグルホームアシスタントに複数ユーザーサポート機能を追加したと発表した。 一つの機械に6人までのユーザー登録が可能になったという。 この機能の追加でスマートホームアシスタントの本当のパーソナル化が実現されるため、大きいメリットである。 現時点で、この機能がアメリカで展開され、数か月後でイギリスでも展開される予定だ。

2017年
4月19日
無線LAN、ルーター

最大866Mbpsで8900円、2×2 11ac無線LANルーターのエントリーモデル、バッファローが5月発売

無線LANの最大通信速度(規格値)は、5GHz帯で866Mbps(11ac使用時)、2.4Gz帯で300Mbps(11n使用時)。 5GHz帯と2.4GHz帯の同時利用が可能だ。無線LANのセットアップは、AOSS/WPSなどに対応するほか、 スマートフォン/タブレットアプリ「QRsetup」を使えばインターネット初期設定も含めてPC不要で行える。

2017年
4月18日
ひかりTV、クラウド

スマホ撮影の4K動画をTVと共有する「ひかりTVクラウドC」。ビデオ通話も

NTTぷららは、テレビとスマートフォンを使って4K動画の家族間の共有や、 ビデオ通話などが行なえる映像コミュニケーションサービス「ひかりTVクラウドC」を6月より開始する。 インターネットに接続されたひかりTVのサーバー上(クラウド)に保存し、ひかりTV対応チューナを通してテレビ画面上で見たり、 スマホとテレビ間でビデオ通話ができるコミュニケーションサービス。

2017年
4月18日
スティックPC

マウス、冷却ファン付きのAtom x5-Z8350搭載のスティックPC

株式会社マウスコンピューターは、CPUにCherry Trail世代のAtom x5-Z8350(1.44GHz、 ビデオ機能内蔵)を搭載したスティックPC「MS-CH01FV2」を発売した。税別価格は19,800円。

2017年
4月17日
NAS

テレビにつないで使えるNAS、HDMI搭載のプリンストン「PAV-HMS220」

株式会社プリンストンから「Digizo(デジゾウ)」ブランドの新製品「PAV-HMS220」が登場した。 HDDレスで発売される2ベイのNASキットで、HDMI搭載で4K再生にも対応するのが特徴の製品だ。その実力を試してみた。

2017年
4月14日
デジタルTV

“新世代画質”を引き出すために。有機EL時代のテレビ選び新常識

「テレビのプレミアムモデルは有機EL」という流れができつつある。2017年は「有機ELテレビ元年」となりそうな状況だ。 まだ新しいデバイスということもあり、その実力を存分に発揮するためには、液晶とは違った配慮や工夫が必要になることもある。 有機ELテレビの普及を前に、購入時や購入後の注意点をにまとめた。

2017年
4月14日
HDMIスティックデバイス

Amazon「Fire TV Stick(第2世代)」〜メニュー刷新と高速化でパワーアップしたスティック型STB

今回の第2世代モデルは、音声認識リモコンが標準添付となったことを除けば、従来モデルとの違いがいまいち分かりにくいのだが、 CPUはデュアルコアからクアッドコアへと改められたほか、IEEE 802.11acへの対応、メニューの全面刷新など、 内部は大幅にパワーアップしている。

2017年
4月13日
スマートホーム

インテルが取り組む宅内IoTプラットフォーム、関西で実証実験、データ活用で個々人にあったサービス提供の実現へ

スマートホームによる生活の質の向上、新たなサービス創出の可能性を検証するため、4社協同で実証実験を始める。 対象となるのは、関西電力の電力見える化サービス「はぴeみる電」会員の世帯100戸。4月から8月末までに各戸に機器を設置。 9月1日から運用を開始し、2018年3月まで実施する予定だ。

2017年
4月12日
PS VR 動画配信サービス

PS VRで、VR動画配信の「360Channel」が視聴可能に。宇宙の映像やグラビアアイドルなど

360度VR動画専用配信サービス「360Channel」は12日、PlayStation VRに対応した。 PlayStation Storeから「360Channel VR」アプリをダウンロードし、無料で楽しめる。 対応を記念し、5チャンネル50動画を新たに追加するほか、PS VR向けに7本の動画を先行配信する。

2017年
4月11日
PowerDVD 17 Ultra

Ultra HD Blu-ray対応の「PowerDVD 17 Ultra」。HTC VIVEやOculusでVRも

サイバーリンクは、HTC VIVEやOculus RiftなどのVR HMDや、 Ultra HD Blu-ray(UHD BD)の再生に対応した動画プレーヤーソフト「PowerDVD 17 Ultra」を4月11日より発売する。 ダウンロード版の価格は10,926円、アップグレード版は9,074円。

2017年
4月7日
デジタルTV

全録で地デジ見放題のポータブルテレビ。新プライベート・ビエラ「TDX7」

パナソニックは、チューナ部とワイヤレスモニターを組み合わせて、家じゅう好きな場所でテレビや録画番組が楽しめる「プライベート・ビエラ」の上位機種として、 全録対応レコーダ「全自動DIGA」相当の機能を組み込んだ「UN-15TDX7(TDX7シリーズ)」を6月16日より発売する。 店頭予想価格は13万円前後。

2017年
4月7日
デジタルTV

パナソニック、HDMI入力を備えた24/19型プライベート・ビエラ「F7」

パナソニックは、アンテナ線がない部屋でもテレビ放送が視聴できるポータブルテレビ「プライベート・ビエラ F7シリーズ」を5月19日より発売する。 モニター部とチューナ部は、IEEE 802.11n/a/b/g無線LANで接続。 「お部屋ジャンプリンクに対応」し、F7シリーズのチューナ以外のDIGAで録画した番組などもモニターから再生できる。

2017年
4月6日
HDMIメディアプレーヤー

速く使いやすくなった「Fire TV Stick」は音声標準対応。テレビで映画、スポーツの新基準

AmazonのHDMIメディアプレーヤー「Fire TV Stick」がリニューアル。音声操作に対応し、動作を高速化して4月6日から発売された。 価格は従来モデルと同様の4,980円(税込)。プライム・ビデオやAbema TV、Netflix、DAZN、dTVなどの映像配信サービスを、 テレビの大画面で見ることができる。

2017年
4月6日
外付けHDD

アイ・オー、3.5インチで業界最小の外付けHDD。600機種以上のTV/レコーダなどに対応

アイ・オー・データ機器は、3.5インチのUSB外付けHDDとして業界最小、PCだけでなく、テレビと接続して録画用HDDとして利用でき、 ビデオカメラと繋いでのバックアップも可能な「HDCZ-UTシリーズ」を4月下旬に発売する。

2017年
4月3日
HDMIキャプチャー HDMIプレーヤー

JTT、PCレスでゲームなどを1,080p録画。VHSや8mmも録画できるキャプチャボックス

日本トラストテクノロジー(JTT)は、HDMI入力などを備え、パソコンを使わずに映像のキャプチャ、 テレビへの再生・表示ができる「HDMIキャプチャー&プレーヤー キャプ録 Pro」(HDMICPPLPRO)を4月3日に、 直販サイトのJTTオンラインで限定販売した。Amazon.co.jpからも購入できる。価格は19,800円(税込)。

2017年
3月31日
デジタルTV

ついに出た有機EL REGZA「65X910」。色、動きのキレ、デザインにみるテレビ近未来

4K REGZAのフラッグシップシリーズとなり、画面サイズは65型と55型の2モデルが発売される。 この記事では65X910を家庭内に設置して評価を行っている。

2017年
3月30日
ソフト

ソニー「PC TV Plus」アプリ、他社レコーダ/テレビ録画番組も視聴可能に

ソニーは、ネットワークレコーダ「nasne」などの録画/放送番組をPCで視聴できるソフト「PC TV Plus」を、3月30日にVer.3.3へアップデート。 ソニー製レコーダ以外にも、ホームサーバー機能を備えたBDレコーダやテレビなどの再生や書き出し、ライブ視聴などが可能になった。

2017年
3月28日
デジタルTV

パナソニック、“最上位相当画質”4KスタンダードVIERA「EX750」。録画とネットを融合

色やコントラスト表現力を高めたほか、ネット動画などへのアクセスを向上した「アレコレチャンネル」を搭載した、 4Kテレビスタンダードシリーズ「VIERA EX750」を4月28日より発売する。43型、49型、55型の3モデルを用意。 「お部屋ジャンプリンク」に対応し、また、専用アプリ「Panasonic Media Access」を使って、 家庭内や外出先のスマートフォン/タブレットからも録画/放送番組を視聴できる。

2017年
3月28日
デジタルTV

番組表の概念を一新し、HDR化も果たした4K VIERA「EX600」。43型17万円

パナソニックは、4K液晶テレビVIERA「EX600」シリーズ3機種を4月28日に発売する。43/49/55型の3モデルをラインナップ。 上位機種のEX750と同様に、テレビとYouTubeなどの映像配信のコンテンツを一覧できる新UI「アレコレチャンネル」に対応する。

2017年
3月28日
PS4 Pro

PS4 Proが4K/4K VR再生対応に。メディアプレーヤーVer.3.00提供開始

メディアプレーヤーアプリをVer.3.00にアップデートし、4K動画再生に対応した。このアップデートにより、PS4 Proで、 USBメモリやホームサーバーに保存されたMP4形式の4K動画を、メディアプレーヤーで再生できるようになる。

2017年
3月22日
デジタルTV

東芝、重低音バズーカスピーカー搭載4K REGZA「BZ710X」。49型25万円

東芝映像ソリューションは、重低音バズーカ(BAZOOKA)スピーカーを搭載した4K液晶テレビ「REGZA BZ710Xシリーズ」を5月中旬より発売する。 49型「49BZ710X」、55型「55BZ710X」の2モデルを用意。Ethernetや無線LANも備えており、映像配信やネットワークサービスも利用可能。

2017年
3月17日
デジタルTV

「テレビの存在が消え、映像が浮き上がる」。有機ELレグザ「55X910」の異次元映像

東芝の4K有機ELテレビ「レグザ 55X910」を用いて一般的なリビングの照度環境も意識した視聴テストや、 さらに真のコントラストを確認するためにホームシアターを想定した暗室環境でも視聴テストを行なった。

2017年
3月17日
スマートホーム IoT

住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」、LINEで自宅のIoT機器操作が可能に

電子錠やIPカメラ、センサーなどのIoTデバイスのコントロールや確認などができるインテリジェントホーム専用アプリで行う操作の一部を、 日常的に利用するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」でも操作できる機能の提供を2017年5月より開始する。

2017年
3月16日
デジタルTV

4K/HDR対応で実売15万円からのLG液晶テレビ。web OS 3.5搭載

LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K液晶テレビ「UJ7500」シリーズの43型と、「UJ6500」シリーズ4機種を4月上旬に発売する。 UJ6500の画面サイズは43/49/55/60型を用意。 両シリーズ以外にも、同社は4K液晶テレビのハイエンドシリーズ「SJ8500」と「SJ8000」、有機ELテレビの「LG OLED TV」を4月上旬に発売。

2017年
3月15日
CATV

J:COM、4K・8K試験放送を3月21日視聴可能に。4Kのみで追加料金なし

4K・8K試験放送を、ケーブルネットワークを通じて、J:COMの4K対応のセットトップボックス「4K Smart J:COM Box<録画機能付き>」利用者に提供し、 家庭で4K画質で放送視聴可能とする。4K・8K試験放送の視聴に伴う追加料金は発生しない。

2017年
3月15日
デジタルTV

ソニーの液晶TV、Z9D/X8300D/X7000Dが「スカパー!4K」のHDR放送に対応

Z9D/X8300D/X7000Dシリーズは、Ultra HD Blu-rayなどで採用されている「HDR 10」に対応しているが、それに加え、 Hybrid Log Gamma(HLG)で行なわれている「スカパー! 4K HDR放送」にもアップデートで対応する。

2017年
3月14日
4Kチューナ

ソニーの4Kチューナ「FMP-X7」、スカパー! 4K HDRの画質を向上

ソニーは13日、4K放送対応の124/128度CSデジタルチューナ「FMP-X7」のソフトウェアアップデートを提供開始した。 スカパー! プレミアムサービスの「スカパー! 4K 総合」などの4K放送を視聴でき、別売USB HDD(4TBまで)への4K放送の録画も可能。

2017年
3月9日
おもいでばこ

Bluetoothに対応し、写真の持ち運びも可能になったバッファロー新「おもいでばこ」

デジタルカメラやスマートフォン/タブレットの写真や動画を取り込んで、テレビなどで閲覧できる「おもいでばこ」の新モデルとして、 外への写真持ち運び機能を搭載した「PD-1000Sシリーズ」を3月下旬に発売する。

2017年
3月8日
無線LAN

バッファロー、4K動画配信を快適に利用できる11ac 3×3対応無線LANルータ

インターネットの4K動画配信を優先する「4Kモード」を備え、ひかりTV 4Kの動作も確認済みの無線LANルータ「WXR-1900DHP3」を3月下旬に発売する。 価格は18,700円。3本の外付けアンテナを使い、スマートフォンやタブレットの持つ角度に関わらず、安定した高速通信ができる。

2017年
3月7日
Chromecast

スマホの映像・音楽をより楽しむ「Chromecast」の魅力。“built-in”でさらに便利

映像・音楽ストリーミングサービスをテレビやスピーカーで楽しむことができるGoogleの「Chromecast」に関して、 Chromecast built-in対応のソニーの4Kテレビ「49X8300D」シリーズなどの特徴を詳細に解説している。

2017年
3月7日
ディスプレイ

VRゴーグル型のAndroidメディアプレーヤー。Wi-Fi搭載/スマホ不要で11,999円

ドスパラは、Android OS採用で動画や写真、音楽再生が可能なゴーグル型メディアプレーヤー「DN-914233」を7日に発売した。 microSDカードスロットやUSBポートを備え、無線LAN接続にも対応。

2017年
3月6日
全録

ワンセグ全録「ガラポンTV」、PCへの番組ダウンロードに対応

ガラポンは3日、ワンセグ全録機「ガラポンTV」で録画した番組をパソコンに保存して再生できるWindows/Mac用ソフト「ガラポンTV PC用アプリ」を提供開始した。 ガラポンのサイト上から無料でダウンロード可能。

2017年
3月2日
スマートスピーカー

LINE、クラウドAI連携のスマートスピーカー「WAVE」。新たな基盤「Clova」発表

話かけると音声で会話をしたり、ニュース、天気・占い情報、コマース、カレンダー、翻訳などのコンテンツサービスや、 音声で家の電気のオンオフなどを行なうホームコントール、 音声専用コンテンツとして読み聞かせできるオーディオブックなどが利用可能になるという。

2017年
3月1日
NAS

アイ・オーの機能追加できるNASが、DTCP-IPで録画番組保存可能に

アドオンで機能追加できるNAS「HDL2-AA」シリーズと「HDL-AA」シリーズをDTCP-IP対応とすることを発表した。 DTCP-IPでテレビの録画番組を保存できる「メディアサーバー」パッケージを用意。

2017年
2月28日
DLNA

DLNAは「なくなるがなくならない」

Digital Living Network Alliance、通称「DLNA」が解散を発表した。DLNAの規格について概要などを解説している。

2017年
2月23日
BDレコーダ

シャープの新BDレコーダはUHD BD再生対応で9万円〜。「4Kテレビのためのレコーダ」

シャープは、Ultra HD Blu-rayの再生に対応したBDレコーダ「AQUOSブルーレイ」新モデルを3月24日より発売する。 Ethernetと無線LANを搭載し、外出先からのリモート予約やAQUOSリモートプレーヤ−などのアプリを使ったリモート視聴に対応。 SeeQValutにも対応。

2017年
2月21日
Fire TV Stick

「Fire TV Stick」新機種が4月6日発売。4コアCPU/HEVC再生/11ac対応で4,980円

Amazon.co.jpは、映像配信サービスのプライム・ビデオやAbema TV、Netflix、DAZN、 dTVなどをテレビで楽しめるスティック型デバイス「Fire TV Stick」の新モデルを4月6日より発売する。 Fire TVとは異なり4K映像の再生には対応せず、720p/1080p、最大60fpsのサポートとなる。

2017年
2月20日
DLNA

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定

DLNA認証を運営していたDigital Living Network Allianceが1月5日に解散を発表した。 DLNA認定やテストなどの機能は、2月1日からSpireSpark Internationalが継承する。

2017年
2月20日
無線LAN

気づいてないだけで知らない通信は今この瞬間も頻繁に! セキュリティ技術で家庭を守る無線LANルーター「WRC-2533GHBK2-T」

不正な通信から家庭内の機器を守るホームセキュリティ技術を搭載したエレコムの無線LANルーター「WRC-2533GHBK2-T」について、 製品の特徴や使い方を紹介している。

2017年
2月17日
PC

4コアPentium搭載の超小型PC「ECS LIVA Z」が3月11日発売

価格はOS非搭載モデル(LIVAZ-4/32(N4200))が29,800円、Windows 10 Home搭載モデル(LIVA-Z/32-W10(N4200))が32,800円。 インターフェイスは、USB 3.0×4(うち1基はType-C)、Gigabit Ethernet×2、HDMI、Mini DisplayPort、IEEE 802.11ac対応無線LAN、 Bluetooth 4.0、音声入出力などを搭載する。

2017年
2月16日
BDレコーダー、全録

東芝の全録「レグザサーバー」が“時短”再生対応に進化。3TB「DBR-M3007」など

東芝映像ソリューションは、“時短”機能を搭載した全録レコーダ「レグザサーバー」2製品を3月中旬より発売する。 HDD容量3TBの「DBR-M3007」と1TBの「DBR-M1007」を展開。 また、'16年11月に発売した時短対応レグザブルーレイのHDD容量を強化した2モデルも3月下旬より発売。

2017年
2月16日
SeeQVault対応

東芝、他社レコーダのUSB HDD録画番組を引き継げる機種を検証。型番公開

東芝は、同社レコーダやテレビにおいて、録画番組の引き継ぎが可能なSeeQVault対応モデルの他社製品との互換性を検証。 パナソニック製の一部レコーダでUSB HDDに録画した番組を、 東芝のレコーダ/テレビに接続して再生やダビングが可能な機種の一覧を公開した。

2017年
2月16日
無線LAN、CD/DVDドライブ

ロジテック、iPhone/Androidで音楽CDが聴ける無線ドライブ

IEEE 802.11n対応無線LANを内蔵し、無線経由でiPhone/iPad/Android端末と接続。専用のアプリを利用して、音楽CDを再生したり、 リッピングしたりできる。無線接続のCD/DVDドライブ。価格は7,980円。

2017年
2月15日
NAS

バッファロー、NAS専用HDDを搭載したSOHO向けNASの1ドライブモデル

NAS製品「リンクステーション for SOHO」の新しいラインアップとして、NAS専用HDDを搭載した1ドライブモデル「LS210DNBシリーズ」を3月中旬に発売する。 同シリーズは小規模拠点などでも低価格で導入しやすく、ファイル共有やバックアップ先の一元管理といった用途に最適なエントリーモデルのビジネス向けNAS。

2017年
2月15日
IoT家電

IoT家電、70%以上の人が「セキュリティについて十分な説明が欲しい」

ジャストシステムは、「“IoT家電”に関する実態調査」をネットリサーチサービス「Fasttask」を利用して実施した。 各IoT家電の認知度は、「IoT照明器具」が54.6%、「IoTオーブンレンジ」が38.9%、「IoT掃除機」が35.9%、「IoT冷蔵庫」が42%。

2017年
2月15日
映像配信サービス

ソニー、2012年以前のBRAVIAやBDプレーヤーでPS Video対応を終了

プレイステーション ビデオは映画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマやミュージック・クリップの配信サービス。 対象となる製品は、テレビが61製品、BDプレーヤーが4製品、AVアンプが3製品の合計68製品で、2017年4月12日をもって、 視聴有効期間に関わらずコンテンツ視聴できなくなる。

2017年
2月15日
スマートホーム

シャープの小型ロボット「ホームアシスタント」の開発は、今どうなっているのか?

シャープが、2017年度上期中(2017年4〜9月)にも、「ホームアシスタント」を発売する。 自宅にある家電や住設機器と接続。ホームアシスタントを介して、スマートホームを実現する。

2017年
2月14日
WiFi、スマートホーム

MoMA、1,670万色を再現するスマホ連携LEDパネル「オーロラ ライト」

MoMA Design Storeは、Nanoleaf社が展開するスマートフォン連携のLEDパネル「オーロラ(Aurora) ライト」を、2月15日に発売する。 Wi-Fi機能を搭載し、専用アプリでライトの色や点灯パターンをスマートフォンで操作できる照明器具。価格は27,800円(税抜)。

2017年
2月14日
スマートホーム

外出先からの家電操作が可能となった移動式お留守番カメラ「ilbo(イルボ)」

エクストランは、移動式お留守番カメラ「ilbo(イルボ)」の赤外線リモコン機能をリリース、本日よりアプリ、 及びファームウェアの配信を開始した。これにより、ilboを使って家電製品のリモコン操作が可能となり、 外出先から家電の操作ができるようになった。 本体は前進、後進、左右旋回と自在に動かせるほか、内蔵カメラを上方70度/下方20度にチルトすることも可能。

2017年
2月14日
IoT

ラトックシステムとぷらっとホームがIoTデバイス分野で協業、IoTシステムの構築が容易に

具体的には、ぷらっとホームのIoTデバイスのベンダーを対象とした提携プログラム「IoTセンサー・デバイスパートナープログラム」にラトックシステムが加入する。 ラトックシステムはモノや空間の状態をデータ化するセンサーなどのIoTデバイス、ぷらっとホームはIoTゲートウェイを主力製品としており、 これらを組み合わせることで、新たな顧客価値を生み出せるとしている。

2017年
2月10日
デジタルTV

国内勢有機ELの先陣を切る東芝「REGZA X910」。画質進化と“変わらないこと”

CES終了後の1月10日。東芝映像ソリューションは、同社初の有機ELテレビ「REGZA X910」と、 液晶テレビのフラッグシップ機「REGZA Z810X」を発表した。 有機ELテレビを作るために、東芝はなにをしたのか? 過去の製品と、そして液晶モデルであるX810とどこが違うのだろうか? 関係者へのインタビュー等を紹介している。

2017年
2月9日
ホームルーター

ドコモ光向けのホームルーターが登場、ドコモスタッフがリモート設定

個人宅向けの光ブロードバンドサービス「ドコモ光」向けのホームルーター「ドコモ光ルーター 01」を2月15日に発売する。 ドコモオンラインショップでの価格は8880円(税抜、以下同)。 Wi-Fiなどの設定がわからないような、ITに不得手なユーザーに向けて提供される。 遠隔設定ボタンを搭載し、ドコモの側のスタッフが遠隔操作でインターネット接続を設定してくれる。

2017年
2月9日
無線LAN

総務省の公衆無線LAN補助金交付要件である認証基準に適合、「FREESPOT」を店舗などに導入できる11n対応ルーター「FS-R600DHP」

FS-R600DHPは、店舗などの施設事業者向けのIEEE802.11n/a/g/b対応無線LANルーター。 インターネット回線に接続して簡単な設定を行うだけで、FREESPOTの公衆無線LAN環境を構築できる。

2017年
2月8日
ネットワークカメラ

アイ・オー、180度パノラマ撮影対応のネットワークカメラ発売

パノラマビュー対応のネットワークカメラ「TS-WRFE」を2月下旬に発売すると発表した。価格は1万9900円(税別)。 水平約180度の範囲を映す魚眼レンズを搭載しており、従来製品「TS-WRLC」2台分の視野角をカバーするという。

2017年
2月8日
ネットワークカメラ

ハンファ、ガラス越しの人体検知にも対応するネットワークカメラ

IEEE 802.11n/g/b対応のWi-Fiセキュリティカメラ「SNH-V6410PNHQ」を同社の通販サイトで販売開始した。価格は2万2800円(税込)。 自動で被写体にフォーカスする機能や、赤外線機能、逆光補正機能を備える。

2017年
2月7日
スマートデバイス、iRemocon

ソフトバンクのロボPepperにAV機能、声をかけてTV ON、サラウンドで落語披露

Pepperの一般販売モデル向けに、新ロボアプリの提供をアプリストアを通じて8日以降に順次開始。 テレビをつけて」とPepperに指示すると、テレビの電源をONにする「iRemocon for Pepper」、 コルグのバーチャルサラウンド技術を使った再生を行なう「Pepper Imagination」と「飛び出すロボ落語」も3月以降に提供する。

2017年
2月6日
キャプチャーユニット

PCレスで低遅延、1080/60p録画対応が魅力、アイ・オーのHDMIキャプチャ「GV-HDREC」

PCなしでHDMI入力機器の録画が可能なHDMIキャプチャーユニット「GV-HDREC」を発売した。実売価格は13,000円前後。 この製品を使用した結果をレビューしている。

2017年
2月6日
有線LAN、スイッチ

VLANやLAGも可能な管理機能付きスイッチが3000円以下で TP-Linkイージースマートスイッチ「TL-SG105E」

5ポートの小型のスイッチながら、VLANやリンクアグリゲーションなどの機能を備えたイージースマートスイッチ。 8ポートのTL-SG108EはAmazon.co.jpで実売3480円。

2017年
2月3日
スマートホーム

米アマゾン、アメリカで無料のスマートホーム・コンサルティングサービスを開始

このサービスでは、午前8時から午後8時までの時間帯に、アマゾンの専用ページからコンサルタントの訪問予約をすることで、 アマゾン・プロと呼ばれるスマートホームの専門家が自宅に訪問し、45分ほど自宅内のWifi環境の評価や、 人気のあるスマートホーム商品に関するデモンストレーションを行う。

2017年
2月3日
PS VR、PS4

PS VRがBlu-ray 3D対応。PS4 Ver.4.5“SASUKE”で外付けHDD拡張など

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は3日、PlayStation 4(PS4)の最新システムソフトウェアVer.4.50 SASUKE(サスケ) で追加される新機能を発表した。

2017年
2月2日
ルーター

NETGEAR製ルーターの多くにパスワード漏えいの脆弱性、更新ファームウェアは一部のみ提供

パスワード漏えいの可能性がある脆弱性「CVE-2017-5521」は、攻撃者がローカルネットワークにアクセスできる場合に加え、 デフォルトではオフになっている「リモート管理」がルーターで有効になっていれば悪用される可能性がある。

2017年
2月2日
スティックPC

ドスパラ、最新ステッピングのAtom x5-Z8550を搭載したスティックPC

無線LANアンテナを筐体外部に装備したスティックPC「Diginnos Stick DG-STK4D」を発売した。税別直販価格は19,980円。

2017年
2月1日
ディスプレイ、IoT

アイ・オー、曲面27型ゲーミング液晶を今春発売へ。Raspberry Pi販売も

アイ・オー・データ機器は1日、ゲーム向け機能を強化した液晶ディスプレイ「GigaCrysta」シリーズの新製品として、 同社初の曲面パネルを採用した27型「LCD-GC271XCVB」を開発中と発表した。 また、Raspberry Pi本体やセンサーなど拡張モジュールを含む計6製品を、2月中旬より順次発売する。

2017年
2月1日
スイッチングハブ

サンワサプライ、ギガビット対応の5/8ポートハブなど4製品

サンワサプライ株式会社は1月31日、スイッチングハブ4製品を発売した。1000BASE-T対応で5ポートの「500-SWH007」が4148円、 同じく8ポートの「500-SWH008」が4889円(価格はすべて税別)。

2017年
2月1日
スティックPC

アイ・オー、4K動画を再生可能なスティックPC

4K動画を再生可能とするスティックPC「CLPC-32W1」を発表した。発売時期は2017年春頃で、価格は3万円前後を予定。 IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載している。主にデジタルサイネージなどといった用途を想定している。

2017年
1月31日
Chromecast

ゲオ、日本初のChromecastレンタル。家のテレビで動画視聴、7泊200円

日本初というGoogle「Chromecast」のレンタル事業を1月31日より開始した。料金は、7泊8日200円、14泊15日300円。 延長料金は1日300円。全国のゲオショップ直営店1,055店舗で実施する。

2017年
1月31日
無線LAN

エレコム、3×3アンテナ内蔵の11ac対応無線LANルーター「WRC-1750GHBK-E」

5GHz帯と2.4GHz帯で独立した3×3アンテナを内蔵するIEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WRC-1750GHBK-E」を2月上旬に発売する。 価格は1万4120円(税別)。最大接続台数は18台で、6人家族がスマートフォンなどの複数端末を同時使用しても快適な通信が可能とされている。

2017年
1月31日
IoT

あらゆるモノがIoT化するために、通信機能よりも重要なもの

IoT機器には電源が必要という視点でバッテリーやコンセントの状況を述べている。

2017年
1月30日
無線LAN、アプリ

無線LANの電波強度を見える化 アイ・オー・データ機器「Wi-Fiミレル」

自宅やオフィスの無線LAN環境を見える化できる無料アプリ「Wi-Fiミレル」の提供が開始された。 自宅の無線LAN環境のヒートマップを作成して、その結果を報告している。

2017年
1月27日
映像配信サービス

2017年製品購入意向/所有率調査結果。最注目は有機EL TV、VRやUHD BDも

今年注目しているAV関連のトピックや製品について尋ねた。 2017年注目の製品・トピックや近く購入予定/検討中のAV機器、現在所有しているAV機器について集計している。

2017年
1月26日
スマートホーム

エディオン、家庭の消費電力量の閲覧や家電をスマートフォンから遠隔操作できる「エディオンネットIoTパック」提供開始

2月1日より、同社の「エディオン光」と東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)の「フレッツ・ミルエネ」を組み合わせた新たなサービス 「エディオンネット IoTパック」の提供を開始する。 家庭の消費電力量の閲覧や、エアコンや照明器具などの家電をスマートフォンなどから遠隔操作できるサービスをセットにする。

2017年
1月25日
デジタルTV

ソニー、32/43型フルHDテレビ「BRAVIA W730E」。録画強化で75,000円〜

液晶テレビ「BRAVIA」のフルHDスタンダードシリーズ「W730E」を2月11日より発売する。 自動チャプターや早見再生など録画機能を大幅に強化している。一方、DLNA/DTCP-IPクライアント「ソニールームリンク」が省略され、 Hulu、アクトビラ、TSUTAYA TVなどの機能も省かれた。スマホアプリ「Video & TV SideView」操作も非対応。

2017年
1月25日
WiMAX、無線LAN

UQが非モバイルWiMAX 2+ルーター、宅内工事不要で最大440Mbps

UQコミュニケーションズ株式会社は、華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)が開発したWiMAX 2+対応の据え置き型無線LANルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」を2月中旬に発売する。 一般的には光ファイバーなどの有線網が使われる宅内のインターネット固定回線を、モバイル回線のWiMAX 2+で代用する。

2017年
1月20日
映像配信サービス、REGZA

Netflix初のHDRアニメ「シドニアの騎士」を、東芝の4K有機EL「REGZA X910」で体験

映像配信サービスのNetflixは、ポリゴン・ピクチュアズと制作したアニメ「シドニアの騎士」のHDR版を1月1日から配信している。 これを記念し、東芝初の4K有機テレビ「REGZA X910」で同作品を表示し、HDRの効果やこだわり、 魅力について紹介するトークイベントが20日に開催された。

2017年
1月20日
映像伝送

エイム電子、HDMIの4K60p/HDR映像伝送を20mまで延長できるリピーター

エイム電子は、最大4K/60p(4:4:4/8bit)の18Gbps映像をHDMIケーブルで最長20mまで伝送できるHDMIリピーター「ARP-18G」を1月20日より発売する。

2017年
1月19日
スマートスピーカー

'17年の本命はスマートスピーカー? CESを席巻したAmazon Echo&Google Homeを実機で分析

Amazonの「Echo」シリーズのひとつである「Echo Dot」と「Google Home」を購入したので、そのテストを報告している。

2017年
1月19日
PS4

PS4のYouTube視聴アプリがPlayStation VRに対応

PlayStation 4でYouTubeを視聴するためのアプリが19日、バージョン1.10にアップデート。新たに、PlayStation VRに対応した。

2017年
1月19日
ネットワークカメラ

プラネックス、フルHD録画対応のWi-Fi対応ネットワークカメラ「カメラ一発! CS-W90FHD」

「カメラ一発! CS-W90FHD」を1月26日に発売する。価格はオープンプライスだが、Amazon.co.jpでは2万5800円(税込)で販売される。

2017年
1月16日
PS VR

PS VRが1月26日から販売再開。ヨドバシやビック、Amazon、ヤマダ電機ほか

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は16日、品薄状態が続いているPlayStation VR(PS VR)について、 国内における一部の販売店店舗やECサイトでの販売を1月26日より再開すると発表した。

2017年
1月13日
ディスプレイ

有機ELで圧倒的な画質向上、操作性は改善の余地あり。スマートグラス「BT-300」を試す

エプソンが11月30日に発売したスマートグラス「MOVERIO(モベリオ) BT-300」のレビュー。 今回の機種は3世代目に当たる。大幅に画質が進化した第3世代の製品を、改めてチェック。

2017年
1月11日
REGZA

目指したのは“真実の黒”。東芝初の4K有機ELテレビ「REGZA X910」。65型90万円

東芝映像ソリューションは、同社初の4K有機テレビ「REGZA X910シリーズ」を3月上旬より発売する。 55型の「55X910」と、65型「65X910」が用意される。

2017年
1月11日
REGZA

最上位液晶REGZA「Z810X」は“きらめき4K”。明るい高画質の50/58/65型

東芝映像ソリューションは、液晶REGZAのフラッグシップ「REGZA Z810Xシリーズ」を2月上旬より発売する。 65型「65Z810X」、58型「58Z810X」、50型「50Z810X」の3モデルを用意。 液晶REGZAの最上位シリーズで、'15年末発売のZ20Xシリーズの後継機となる。

2017年
1月10日
NAS

QNAPやSynologyと真っ向勝負できるNAS アイ・オー・データ機器「HDL2-AA0/E」

実売2万円以下の低価格でありながら、最大116MB/sの転送速度を実現する高性能NAS「HDL2-AA」シリーズが発売された。 同社製NASとしては久しぶりの新製品。

2017年
1月10日
無線LANルーター

トレンドマイクロのホームセキュリティ技術を搭載した無線LANルーター、エレコムが発売

IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WRC-2533GHBK2-T」を2月下旬に発売する。価格は1万9260円(税別)。 「ウイルスバスター for Home Network」の機能を搭載。従来の「有害webサイト対策」機能に加え、脆弱性を突く攻撃や、 C&Cサーバーへの接続をブロックする機能を備えており、セキュリティソフトがインストールできないテレビやエアコン、 ネットワークカメラなどのネットワーク家電を脅威から防御する。

2017年
1月9日
ネットオーディオ

Google HomeやPlay-Fi連携で家のオーディオが変わる? オンキヨー&パイオニアの提案

ホームオーディオ製品でのGoogle HomeやDTS Play-Fi対応など、ネットワークを活用した様々な形を「CES 2017」で提案している。

2017年
1月6日
Android TV

Android TVが対話型音声操作「Google Assistant」対応へ

Googleは5日(米国時間)、Android TVプラットフォームを、今後数カ月以内に対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」に対応すると発表した。 まず米国において、Android 6.0/7.0ベースのAndroid TVが対応予定。

2017年
1月4日
デジタルTV

パナソニック、明るさ約2倍の4K有機ELテレビ「EZ1000」。「未来の本命」日本も視野

コンシューマエレクトロニクス展示会「CES 2017」の開幕前プレスイベントにおいて、 欧州向けの4K/HDR対応有機ELテレビ「EZ1000シリーズ」を発表。欧州でプレミアムモデルとして6月に65型の「65EZ1000」が発売。

2017年
1月4日
展示会、CES

CES 2017が5日開幕。ソニーやパナソニックなど'17年の注目製品と新技術が集結

世界最大規模のコンシューマエレクトロニクス展示会「CES 2017」が米国ラスベガスで1月5日〜8日(現地時間)に開催される。 パナソニックはCES 2017専用サイトを開設。「Smart Home」、「Smart Mobility」、「Smart Entertainment」、 「Future Tech Lab」といったテーマを軸に、動画などで紹介している。


最新情報・ニュースの過去履歴は、下記の各ページにまとめてあります。
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2009年)