ホームネットワーク(家庭内LAN)の接続機器

ホームネットワーク(家庭内LAN)にはパソコン、デジタルTV、スマートフォン等を始めとする様々な機器を接続することができますが、 ホームネットワークに接続する大きなメリットは他の機器と連携できることです。
各機器がホームネットワークを介して互いに通信し合うことにより、放送/動画/画像/音楽などのコンテンツやドキュメントファイル、 インターネット情報などを互いに共有して利用し合えるようになるので、 機器単体で使用する場合に比べて機器やコンテンツ/情報の活用範囲を大幅に広げることができます。

当初は、ホームネットワークに接続して他の機器と連携させる機器はパソコンが中心でした。 例えば、パソコンどうしでファイルを共有したり、プリンターを複数のパソコンで共有して利用していました。
しかし、デジタルTVやBDレコーダーなどのデジタル家電やスマートフォン/タブレット等のモバイル機器など、 ホームネットワークに接続できる通信機能を備えている製品が増加するようになり、 ホームネットワークの使い方や扱えるコンテンツ/情報は様変わりしてきました。

また、ホームネットワークに接続されている機器や内部のコンテンツ等を自動認識するための機器間相互接続方式DLNAや、 デジタル放送の著作権保護方式DTCP-IPに多くの製品が対応するようになり、 ホームネットワークを介した機器間連携がホームネットワークを利用するメリットを拡大しています。

更に、家庭内だけでなく外部へ持ち出して使用できるノートPCやスマートフォン/タブレットなどは、 インターネットを経由して外部からも家庭内の機器に接続できるので、 ホームネットワーク内と同じような使い方を外出先などでも行えます。

以下では、ホームネットワークにはどのような機器が接続できるか、どのような使い方ができるか等について紹介します。

ホームネットワークの接続機器と構成機器

ホームネットワークの接続機器と構成機器


<参考>
ホームネットワークを構成するための通信機器については、
ホームネットワーク(家庭内LAN)の構成機器
のページをご覧ください。





ホームネットワークに接続できるデジタル家電

デジタルTV
テレビ放送を受信して視聴するだけのテレビではなくて、ホームネットワークに接続されているBDレコーダーや他のデジタルTV、 NASなどの録画番組を視聴したり、パソコンやNASに保存されている動画・画像・音楽を視聴することができます。
また、録画できるデジタルTVの中には録画番組をホームネットワークを経由して他の機器へ配信したりダビングできる製品があります。
メーカー各社の製品概要や特徴、使い方等については下記のページにまとめてあります。
 東芝:REGZAの使い方
 パナソニック:VIERAの使い方
 ソニー:BRAVIAの使い方
 日立:Woooの使い方
 シャープ:AQUOSの使い方

また、デジタルTVをホームネットワークに接続して活用する方法は、
 「DLNA対応デジタルTVの使い方
 「デジタルTVの録画機能とサーバ機能の比較
 「インターネット動画を大画面デジタルTVで視聴
などのページを参照してください。

BD/DVDレコーダー
BD/DVDレコーダーはHDMIケーブルを用いてデジタルTVに直接接続して、録画番組やBD/DVD等のディスクをテレビで視聴するのが一般的な使い方ですが、 ホームネットワークに接続しておくと他のデジタルTVやパソコン、スマートフォン/タブレット、ゲーム機などでも録画番組を視聴することができます。
また、他の機器で録画した番組をホームネットワークを介してBDレコーダーにダビングして、BDやDVD等のディスクに残しておける製品もあります。 BDレコーダーの使い方などについては、
 「BDレコーダーの使い方
のページを参照してください。

全録レコーダー
全録レコーダーはデジタル放送チューナーを多数搭載して複数のチャンネルを同時に連続録画できるレコーダー装置です。 例えば、最大で8チャンネルの放送を1週間以上も録画できるので、録画予約していなくても見逃した放送を後から見ることができます。 また、録画した番組をホームネットワークを介して他の機器で視聴できる製品もあります。 詳細は、
 「全録レコーダーとは −特徴と製品比較−
のページをご覧ください。

デジタルフォトフレーム
デジタルフォトフレームは写真や動画、音楽などを再生する小型のディスプレイ装置ですが、 DLNAに対応する製品はホームネットワークに接続されているパソコンやNASのコンテンツも再生できます。
DLNAに対応している製品としては、例えば、パナソニックのコミュニケーションビューワー「UN-W700」などがあります。




ホームネットワークに接続できる周辺機器

NAS(LAN接続HDD)
NAS(Network Attached Storage)はローカルエリアネットワーク(LAN)に接続して使用する記憶装置です。 企業や公共施設等の大規模LANなどで利用されていますが、家庭向けのNASも周辺機器メーカーから発売されており、 パソコン等の各種ファイルやデジタル家電の録画番組などを分類・整理してまとめて保存しておくことができるので家庭内の「ホームサーバー」 として活用できます。
DLNAやDTCP-IPに対応する家庭向けのNASに録画番組や動画/画像/音楽などを保存しておけば、 ホームネットワークに接続されている機器でこれらにアクセスして再生することができます。 記憶容量は1〜4TBもあるので大量のコンテンツを蓄積でき、通常はスイッチを入れたままで使用するのでいつでもコンテンツを利用できるようになります。 NASの使い方や製品例など詳細については、
 「NAS(ネットワーク対応HDD、LAN接続HDD)の使い方
のページをご覧ください。

また、高品質な音源に対応するネットワークオーディオ向けのNASや、 録画した放送番組を保存してインターネット経由で再生・視聴できるDTCP+対応NASなども発売されています。

nasne
nasne(ナスネ)はホームネットワークに接続して使用するデジタル放送のレコーダー装置です。 録画した番組はデジタルTVやパソコン、ゲーム機(PS3、PS Vitaなど)、スマートフォン/タブレットなどで視聴することができ、 更に、受信している放送をホームネットワークを介して視聴することも可能です。
また、NASとしての機能も備えているので、パソコン等の動画/画像/音楽などを保存しておけばDLNA対応プレーヤー機器で再生することもできます。 詳細な特徴や使い方等は、
 「nasne(ナスネ)の使い方(1) −デジタル放送の録画と配信−
 「nasne(ナスネ)の使い方(2) −動画/画像/音楽/ドキュメントの保存・配信−
を参照してください。

ネットワークメディアプレーヤー
ネットワークメディアプレーヤーはホームネットワークに接続して使用する放送/動画/画像/音楽等のプレーヤー装置です。 DLNAとDTCP-IPに対応しているので、これらに対応していないデジタルTVやアナログTVにつなぐと古いテレビも活かすことができます。 ネットワークメディアプレーヤーの詳細は、
 「ネットワークメディアプレーヤーの使い方
のページにまとめてあります。

プリンター
ほとんどのプリンター製品は有線LANの接続端子を備えているので ホームネットワークに接続しておけば1台のプリンターを複数のパソコンで共有して利用できます。
また、無線LANにも対応している製品が増えているので置き場所を気にしないで設置できます。
パソコンに接続して用いるUSB端子しか備えていないプリンターについては、USB機器をホームネットワークに接続できる「USB-LANコンバータ」 を利用すればネットワーク化できます。詳細は、
ホームネットワーク(家庭内LAN)の構成機器
を参照してください。

USBメモリのネットワーク化
上記のプリンターで紹介した「USB-LANコンバータ」にUSBメモリを挿入しておけば、 ホームネットワークを介してパソコン等からUSBメモリにアクセスできるようになります。
また、NASにはUSB端子が備えられているので、これにUSBメモリを挿入してネットワーク化することもできます。




ホームネットワークに接続できるモバイル機器

スマートフォン
スマートフォンはLTEや3Gなどのデータ回線を使ってインターネットに接続できますが、 無線LAN(Wi-Fi)の機能も備えているのでホームネットワーク内に無線LANルーターがあれば接続することができます。
ホームネットワークに接続されている機器との連携は、DLNAやDTCP-IPに対応するアプリをインストールしておけばできるので、 スマートフォンを色々な用途で活用することができます。
スマートフォンの使い方については下記のページを参照してください。
 「スマートフォンの使い方−PCやNASの動画・音楽・静止画を再生−
 「DLNA対応スマートフォン(スマートホン)
 「DTCP-IP対応スマートフォン −デジタル放送番組の再生・ダビング−
 「テザリング(Tethering)とは −概要と使い方−

また、スマートフォンのアプリの具体例については下記のページを参照してください。
 「Twonky Beamでデジタル放送や動画を再生・視聴
 「Twonky Beamの使い方 −放送・ビデオ・画像・音楽の再生をスマホで操作−
 「スマートフォン用DLNAアプリ「Skifta」の使い方(1)概要とクライアント機能

タブレット
タブレットもスマートフォンと同様にDLNAやDTCP-IPに対応するアプリをインストールしておけば、 ホームネットワークに接続されている機器と連携することができます。 詳細は、
 「タブレット(タブレット端末)の使い方
をご覧ください。




ホームネットワークに接続できるゲーム機

PS3(プレイステーション3)
PS3はゲーム機として利用できるだけでなく、DLNAとDTCP-IPに対応したネットワークメディアプレーヤーとしても使用できます。 高速処理が行えるCPUを搭載しているのでデジタル放送や動画、画像、音楽などを快適に視聴でき、 BDやDVD等のディスクも再生できるので家庭内に1台あると幅広く活用できる製品です。 PS3の使い方などの詳細は、
 「PS3(プレイステーション3)の使い方
を参照してください。
なお、米国などで発売されたPS4はDLNAには対応していません。

PS Vita、PS Vita TV
PS Vita(プレイステーション ヴィータ)はDLNA/DTCP-IP対応の専用アプリ「torne PlayStation Vita」、 「torne PlayStation Vita TV」を使用するとネットワークレコーダー「nasne」とネットワーク接続できるので、 リアルタイムのテレビ視聴やnasneに録画した番組をストリーミング再生することができます。

Xbox360
Xbox360はマイクロソフト社が発売しているゲーム機ですが、 2012年9月にDLNAの承認を受けてDLNAのDMR機能を備えるようになったのでネットワークメディアプレーヤーとしても利用できます。 但し、DTCP-IPには対応していません。 詳細は、
 「Xbox360の使い方
を参照してください。




ホームネットワークに接続できるオーディオ機器

ネットワークオーディオ機器
ホームネットワークに接続して使用するオーディオ機器は「ネットワークオーディオ」あるいは「ネットオーディオ」と呼ばれており、 従来の「ピュアオーディオ」とは区別されていますが、ホームネットワークを経由しても高品質な音楽を扱えるようになっています。
インターネット配信された音楽コンテンツをダウンロードしてパソコン内やNASに保存しておき、 ホームネットワークを介して再生できるプレーヤー装置が増えてきました。

このようなネットオーディオプレーヤーはDLNAに対応しており、ネットワーク対応のAVアンプ製品はプレーヤー機器として利用できるようになっています。 また、オーディオコンポ製品として発売されていたり、スピーカーにプレーヤー機能を持たせた製品もあります。
更に、スマートフォンやタブレットもDLNA対応プレーヤーアプリを用いればネットワークオーディオプレーヤーとしても利用できます。
ネットワークオーディオの詳細は、
 「ネットワークオーディオ
のページをご覧ください。




ホームネットワークに接続できるカメラ機器

デジタルカメラ
無線LAN(Wi-Fi)機能を備えている製品が増えてきており、撮影した写真や動画をホームネットワークを介してパソコンやNASに保存できます。

デジタルビデオカメラ
無線LAN(Wi-Fi)機能を備えている製品が増えてきており、撮影した動画や静止画をホームネットワークを介してパソコンやNASに保存できます。

ネットワークカメラ(IPカメラ)
ネットワークカメラ(IPカメラ)はLANや公衆回線に接続して監視やモニターなどに用いられていますが、 家庭内でも子供/老人/ペットなどの見守りや家内外の監視/モニターなどに利用できる低価格な製品が発売されています。
カメラ映像はホームネットワーク内のパソコン等で見るだけでなく、 インターネットを経由してパソコン/スマートフォン/タブレットなどで見ることもできます。
ネットワークカメラの詳細は、
 「ネットワークカメラ(IPカメラ) −特徴と製品例−
を参照してください。

また、家庭向けの低価格なネットワークカメラ製品の具体例は下記のページをご覧ください。詳しい設定方法や使い方を紹介しています。
IO DATA社の130万画素高画質ネットワークカメラ(実売価格5千円台)については、
 「ネットワークカメラQwatch「TS-WLCAM」の使い方(1)接続/登録設定
カメラの向きを上下左右に振ることができるTENVIS社の30万画素ネットワークカメラ(実売価格は約5千円)については、
 「TENVISパン/チルト/暗視ネットワークカメラの使い方(1) 有線と無線で接続設定