最新情報・ニュース(2019年7月~)
-ホームネットワーク/デジタルホーム関連-

ホームネットワーク(家庭内LAN)による デジタルホーム構築に関連する最新情報・ ニュースを紹介します。
新製品発売や新技術の発表などを順次掲載していきます。
最新更新日 2020年4月3日

最新情報・ニュースの過去履歴は、下記の各ページにまとめてあります。
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2019年1月~6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2018年7月~12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2018年1月~6月)






年月日 関連分野 内 容
2020年
4月3日
シャープ、8Kテレビ

シャープ、8Kテレビ「AQUOS AX1/AW1」が8K/60p入力対応。4K/120pも

シャープは2日、新4K8K衛星放送チューナーを搭載する8K液晶テレビ「AX1シリーズ」と、 8K対応テレビ「AW1シリーズ」のソフトウェアアップデートを開始。 ソフトウェアバージョンは、AX1/AW1シリーズ共に「40100_20200323」。

2020年
4月3日
スマートホーム、IoT電球

プラスタイルから「SORACOM IoT SIM」対応のIoT電球、見守りや自宅の防犯にも

ハローライト製のLTE通信モジュール搭載のIoT電球「HelloLight 見守り」を発売した。 通販サイト+Styleでの価格は1万780円(税込)。 Wi-Fiの設定などは不要で、電球を取り付けるだけで見守りや防犯用として利用できる。 登録したメールアドレスに電球のオン・オフを通知。

2020年
4月3日
スマートホーム、スマート家電

テレワークをもっと快適に! 今こそスマート家電を導入すべき理由 (1/2)

「在宅ワーク×スマート家電=快適に」。 そんな夢をかなえ、少しの自由を与えてくれるのが、スマート家電と呼ばれる製品群だ。

2020年
4月2日
ソニー、4Kテレビ新製品

動画ぼやけに強い4K有機EL「BRAVIA A8H」。55型で約28万円から

ソニーは、4Kテレビの新製品として、スタンダードクラスの有機ELモデル「A8Hシリーズ」を6月6日より発売する。 65型と55型の2サイズを用意。

2020年
4月2日
ソニー、有機ELテレビ

BRAVIA最高画質の国内最小“48型”有機ELテレビ「A9S」。約23万円

ソニーは、BS4Kチューナーを搭載した4K有機ELテレビとしては国内最小サイズの48型機「KJ-48A9S」を7月25日より発売する。 サイズの制約で有機ELテレビが選択・購入できなかったユーザー層がターゲット。 横幅は約107cmで、ベゼルの厚かった10年前の40型モデルなどと同等。

2020年
4月2日
ソニー、4Kエントリーモデル

ソニー、43型/9万円の4Kブラビア「X8000H」BS4Kチューナ&高画質プロセッサー搭載

BS4Kチューナーを搭載した4K液晶テレビのエントリーモデル「X8000Hシリーズ」を4月18日に発売する。 75、65、55、49、43型の5サイズをラインナップ。 '19年5月に発売された「X8000Gシリーズ」の後継機種。

2020年
4月2日
ソニー、4Kスタンダードモデル

ソニー、BS4Kチューナ搭載の倍速対応4Kテレビ「X8550H/X8500H」

BS4Kチューナーを搭載した4Kテレビの新製品として、 スタンダードクラスの液晶モデル「X8550Hシリーズ」と「X8500Hシリーズ」を4月25日より順次発売する。 X8550Hは65・55型、X8500Hは49・43型をラインナップ。

2020年
4月1日
Wi-Fi 6対応ルーター、10GbE対応

10Gbpsの「フレッツ 光クロス」開始、Wi-Fi 6&10GbE対応ルーター「WXR-5950AX12」が利用可能に、バッファローが発表

WXR-5950AX12の有線ポートは、WAN×1、LAN×1ともに10GBASE-Tに対応しており、 フレッツ 光クロスの高速な回線でもボトルネックとならない。 また、無線LANについてもWi-Fi 6ことIEEE 802.11axに対応しており、 最大通信速度は5GHz帯が4803Mbps、2.4GHz帯が1147bpsと高速だ。

2020年
4月1日
無線LAN、メッシュWi-Fi

メッシュWi-Fiを1万3千円台で構築できるセットモデル「WN-DX1167GREX」、アイ・オーが発売

親機のWi-Fiルーターと子機のメッシュWi-Fiセットモデル「WN-DX1167GREX」を4月下旬に発売する。 価格は1万3800円(税別)。 ペアリング済み。さらに、回線をつなぐだけで接続方式を自動判別し、 適切な動作モードに設定する「インターネット回線自動判別機能」とあわせ、購入してすぐに使えるのがメリット。

2020年
3月31日
スイッチングハブ、PoE(Power over Ethernet)対応

5ポートで1万3千円台のPoE対応スイッチングハブ、プラネックスが発売

PoE(Power over Ethernet)対応のスイッチングハブ2製品を発売した。 両製品ともIEEE 802.3af(PoE)/at(PoE+)の各規格に準拠しており、FXG-0008EMPは8ポート全て、 FXG-0104EMPは5ポート中前面の4つがPoE給電に対応。

2020年
3月27日
4K液晶TV、レグザ

東芝、レグザ「Z740X」50型の発売が今秋に延期。部品の入手に遅れ

4K液晶TV レグザ「Z740X」シリーズの50型「50Z740X」について、発売時期を5月下旬から、2020年秋に延期した。 65型「65Z740X」と55型「55Z740X」 は既に発売されている。

2020年
3月27日
SoftBank 5G、スピードテスト

ソフトバンクの「SoftBank 5G」スタート、1Gbps超えの通信速度をさっそく体験してみた

ソフトバンクは本日3月27日、5Gサービス「SoftBank 5G」を開始した。 筆者はサービス開始時点で、5Gが使える都内のスポットとなっている直営店の「ソフトバンク銀座」に訪れ、 「AQUOS R5G」を用いて、Softbank 5Gのスピードテストを行った。

2020年
3月26日
NHK Hybridcast、レグザ

東芝4KレグザがNHK Hybridcast新方式に対応。'17~'20年発売の全17シリーズ

3月30日から新しい動画方式・MPEG-DASHに移行する「NHK Hybridcast」への同社テレビの対応情報を発表。 2017年以降に発売された4Kレグザにおいて、新しい動画方式をサポートする。 なお3月30日からの動画方式変更に関しては、ソニーBRAVIAも対応機種を発表している。

2020年
3月26日
ネット回線サービス、10Gbps

ネットを10倍速に! 10Gbpsのネット回線サービス一覧(7社)

NTT「フレッツ 光クロス」、KDDI「auひかり ホーム10ギガ」、So-net「NURO 光 10G/10Gs」などを詳しく紹介している。

2020年
3月25日
ドコモテレビターミナル、Android TV

アンテナ不要でBS4K、動画配信も。Android TV「ドコモテレビターミナル02」の魅力

外付け型Android TVであり、ドコモ携帯電話契約者以外でも使え、極めつけは「ひかりTV for docomo」を通じたBS4K放送への対応。 約1.7万円で買える多用途STBを、4Kテレビと接続して実力に迫ってみた。

2020年
3月25日
ドコモ5G、スピードテスト

ドコモの5Gがついにスタート、その速度を体験してみた

25日、NTTドコモが国内初の「5G」商用サービスを開始した。対応機種のひとつ「Galaxy S20 5G」を手に、 都内の5Gエリアでその通信速度を試すことにした。 テストは、グーグルで「スピードテスト」と検索して表示される機能を用いている。

2020年
3月25日
スマートホーム、プラススタイル

プラススタイルのスマートホーム製品、Amazonの新生活セールに登場

プラススタイルは、Amazon.co.jpで開催される「新生活セール」において、スマートホーム製品13セットを出品する。 期間は3月27日9時~3月30日23時59分。 同社のオリジナル製品を中心にセールの対象となる。

2020年
3月25日
スマートスピーカー、Sonos Move

バッテリー内蔵スマートスピーカー「Sonos Move」、試しに使って外に持ち出して分かったこと (1/4)

今回は活用編として、実際に使ってみて気になった点、本製品の特徴であるバッテリー駆動についての挙動などをチェックしていく。

2020年
3月24日
スマートホーム、スマートシティ

トヨタとNTTが資本業務提携、スマートシティで連携へ――「未来をもっと良くしたい」

両者の専門である自動車分野と通信分野を持ち寄り、スマートシティの推進を図る。2000億円の相互出資が行われる。 先行ケースとして静岡県裾野市東富士エリア(Woven City)と東京都港区品川エリア(品川駅前のNTT街区の一部)にて実装し、 その後連鎖的に他都市へ展開を図る。

2020年
3月23日
au 5G、対応スマホ

「au 5G」3月26日開始。「Xperia 1 II」など対応スマホ7機種、初のXiaomi製も

全国15都道府県の一部エリアで提供開始する。エリアは2020年夏以降、 全都道府県主要都市に展開(2021年3月:約1万局、2022年3月:2万局超)する予定。 5G対応スマホとして「Xperia 1 II」、「Galaxy S20 5G」、「Galaxy S20+ 5G」、「AQUOS R5G」、「OPPO FIND X2 Pro」、 「ZTE a1」を発売。

2020年
3月23日
IoT、スマートホーム

シャープ・日立キャピタル・旭化成ホームズ、世代別住まいのIoT化実証実験を開始

IoTとAIを活用して、世代ごとに異なるライフステージに合わせた最適なくらしのトータルサービスを定額制 (以下、サブスクリプション)で提供することを目的に、実証協働実施契約を締結し、 4月から住まいのIoT化実証実験を開始する。

2020年
3月19日
プレーヤーアプリ、DiXiM Play

デジオンDiXiM DMS Plus2が、4K8K放送のホームネットワーク視聴に対応

デジオンが2019年12月より提供開始したサーバー機器向け開発キット「DiXiM DMS Plus2」において、 新4K8K衛星放送のテレビ番組を、ホームネットワーク経由で視聴可能になった。また、プレーヤーアプリ「DiXiM Play」が、 4K対応レコーダーで2Kコンテンツにダウンコンバートされた4K8K放送番組の再生に対応した。

2020年
3月19日
スマートホーム

【新連載】2020年がターニングポイント、今年こそ”スマートホーム元年”に!

第1回は、スマートホームがなぜ流行しないのか、流行したらどんないいことがあるのか、 流行するために何をしているのか、といったあたりに触れていきたいと思います。

2020年
3月19日
Fire TV Stick 4K、設定

「Fire TV Stick 4K」の画質が良くない? この設定のせいかも

開封直後に動画を再生してみると…画質に納得できないかもしれません。その問題は設定にあります。

2020年
3月18日
5G、NTTドコモ

ドコモの5Gは3月25日スタート。「Xperia 1 II」など対応スマホ7機種

NTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)を用いた通信サービスを3月25日から提供する。 提供開始時点で受信時最大3.4Gbps、6月以降は受信時最大4.1Gbpsを実現するという。

2020年
3月18日
レグザブルーレイ、音声操作

レグザブルーレイがスマホの音声検索・操作に対応。時短機能強化も

東芝映像ソリューションは18日、録画済み番組の再生時間を選ぶことができる時短機能を搭載したBDレコーダー・4機種の本体ソフトウェアをアップデートした。 新たに、アプリ「スマホdeレグザ」を使った音声検索や音声操作が行なえるようになった。

2020年
3月18日
5G、モバイルルーター

5Gモバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」、ドコモから

5月下旬以降に発売する。Sub6とミリ波に対応し、5G接続時の通信速度は下り最大4.1Gbps。LTEでも下り最大1.7Gbpsで、 ドコモのモバイルルーターでは最速の機種となる。 Wi-Fi 6に対応するほか、2.5GBASE-T対応の有線LANポートを本体に内蔵する。

2020年
3月17日
LINE、Googleアシスタント

LINE、Googleアシスタントに対応。「OK Google, 〇〇にLINE送って」

AndroidスマホでGoogle アシスタントを起動し、「OK Google, 〇〇にLINE送って」でLINEのメッセージを送信。 新着メッセージを確認する場合は「OK Google, メッセージを読んで」などと話しかけて、メッセージ内容を確認できる。

2020年
3月17日
スマートホーム、スマートプラグ

電力も見えるスマートWi-Fiプラグで理想の充電環境が整った!

+StyleのスマートWi-Fiプラグはどうかというと、専用アプリで「自動設定」を作成することで、 電源タイマー的な使い方が可能だ。

2020年
3月16日
LINE、グループビデオ

LINE、ビデオ通話でパソコン画面を共有できるリモートワーク向け機能を提供開始

コミュニケーションアプリ「LINE」において、グループビデオ通話中に利用できる新機能「画面シェア」の提供を開始した。 複数人でのビデオ通話中に、パソコンの画面をシェアして全員に見せられる。当初はWindowsのみに対応し、 Macでは近日中に利用できるようになる予定。

2020年
3月13日
レグザ、新ラインアップ

画質は“クラウド”で新次元に、実はネット動画も綺麗! 東芝レグザ「55Z740X」×ジョーカー

東芝映像ソリューションが液晶テレビの新ラインアップを発表。注目の新技術は「クラウド高画質」。このほかにも、 「地デジAIビューティPRO」、多彩なインターネットの動画コンテンツを高画質化する「ネット動画ビューティPRO」などを新搭載している。

2020年
3月12日
BDレコーダー、DIGA

パナソニック、BS4Kチューナ搭載BDレコーダをアップデート。DLNA性能を改善

'19年7月に発売したBS4Kチューナ搭載BDレコーダー「DIGA DMR-4W400」などのファームウェアアップデートを11日より開始した。 DLNA連携「お部屋ジャンプリンク」の性能改善などが行なわれる。

2020年
3月10日
ソニー、マルチファンクションライト

四畳半仕事場改善。ソニー「マルチファンクションライト」で在宅勤務推進!

ソニーのマルチファンクションライトは、一言でいうと、数々のスマートな機能を備えたシーリングライト。 Bluetoothスピーカーと家電リモコンの機能が加わり、専用スマートフォンアプリで照明その他諸々の操作も可能になる。

2020年
3月9日
ソフト、PC TV Plus

ソニーPC TV Plus、ドコモやJ:COMの新STB対応。追加パックにカット保存機能も

ソニーは、ネットワークレコーダー「nasne」などの録画/放送番組をPCで視聴できるソフト「PC TV Plus」をVer.4.3にアップデート。 PC TV Plusは、同一LAN内にあるnasneやBDレコーダーなどで受信した地上/BS/110度CSデジタル放送を、 パソコンで視聴でき、番組のダビング/検索/再生を可能にする有料ソフト。

2020年
3月9日
Amazon、Google製品

AmazonでChromecastなど、Google製品の取り扱い再開

Google製品の取り扱いが3月1日から再開されている。AV Watch編集部で9日の18時に確認したところ、 Chromecast第三世代の2K対応モデルを5,073円(税込)、4K対応のChromecast ultraを9,900円(税込)で販売している。

2020年
3月9日
光ブロードバンドサービス

「ドコモ光 10ギガ」、NTT東西の「フレッツ光 クロス」と同一地域で4月1日より提供

株式会社NTTドコモは、最大通信速度10Gbpsに対応する光ブロードバンドサービスの新プラン「ドコモ光 10ギガ」について、 一部地域で4月1日から一戸建て向けに提供し、3月23日から申し込み受付を開始する。

2020年
3月6日
スマートホーム、猫用スマートロボ

留守番中の猫の遊び相手になる猫用スマートロボ ~飼い主は外出先から見守り、声かけ可能

FAGは、留守番中の猫の遊び相手となる猫用スマートロボ「Ebo(イーボ)」の支援募集を、 クラウドファンディングサイト・Makuake(マクアケ)にて開始した。 3月6日12時現在、本体購入が可能な支援額は22,200円~(税込)。発送は2020年5月末を予定している。

2020年
3月5日
5G、ソフトバンク

ソフトバンク5G、3月27日開始。「AQUOS R5G」「OPPO Reno3 5G」など対応スマホ4機

ソフトバンクは、5Gの商用サービス「SoftBank 5G」を3月27日に開始。今回発売した5G対応スマホ4機種で、 5Gの特長である高速・大容量などの通信体験が楽しめる。

2020年
3月5日
スマートスピーカー、マルチファンクションライト

ソニーのスピーカー搭載LED照明に、低音調整可能なイコライザー追加

スピーカーや各種センサーを搭載したLED照明器具「マルチファンクションライト」の機能アップデートを実施。 ユニット自体が赤外線リモコンとして動作し、製品を介して、テレビなどの家電が操作可能。 スマートフォンアプリを通じた宅外からの操作や、部屋の温度・湿度の見える化、 タイマーによる自動操作や音声による通知なども可能。Amazon AlexaとGoogleアシスタントにも対応。

2020年
3月5日
Wi-Fi 6、スマートフォン

Wi-Fiの速いスマホはこれ!「Wi-Fi 6対応スマートフォン」一覧(8機種5メーカー)

無線LANを飛躍的に高速化できる「Wi-Fi 6」。iPhone 11をはじめ、主要メーカーの一部では対応製品も既に販売されており、 対応する無線ルーターなどと組み合わせることで、その実力を発揮できる。 そこで本記事では、Wi-Fi 6に対応したスマートフォンを一覧してみた。

2020年
3月4日
リモートデスクトップ、Chrome

【テレワークに便利】Chromeリモートデスクトップの使い方。職場のPCを自宅から遠隔操作できる

ここでは、Chromeリモートデスクトップを職場のパソコンにインストールし、 自宅のパソコンから遠隔操作(リモートアクセス)する方法を紹介します。 必要なのはWebブラウザーの「Chrome」とGoogleアカウントのみで、誰でも無料で使えます。

2020年
3月4日
DIGA、動画配信サービス

パナソニックDIGAが「U-NEXT」対応。'16~'20年発売の43機種

パナソニックのBDレコーダー「DIGA(ディーガ)」が、動画配信サービスのU-NEXTに対応。 U-NEXTで配信されている動画コンテンツが、DIGAで視聴できるようになった。 U-NEXTは、14万本以上の映画・ドラマ・アニメの見放題作品ほか、 公開・放送された最新作を含む3万本以上のレンタル作品が楽しめる動画配信サービス。

2020年
3月3日
Wi-Fi 6対応、無線ルーター

Wi-Fiが速い!有線LANも速い!「Wi-Fi 6対応ルーター」一覧(21機種8メーカー)

10Gbps対応の「フレッツ 光」が4月にサービスイン。 また、組み合わせて使える高速な有線LAN(2.5GbE/10GbE)も低価格化してきた。 そこで本記事では、Wi-Fi 6に対応した無線ルーターの主要製品のリンク集をお届けする。

2020年
3月2日
映像配信サービス、NHKプラス

スマホがTVに! ついにスタート「NHKプラス」を使ってみた

ついに3月1日から、NHKの地上放送テレビ番組を、 インターネットで放送と同時に視聴できる新サービス「NHKプラス」がスタートした。 ここでは具体的な利用までの流れをレポートする。

2020年
3月2日
ホームネットワーク、セキュリティ

トレンドマイクロ、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料アプリ「スマートホームスキャナー」

家庭内ネットワークに接続されたルーターやWebカメラなどの脆弱性や、 スマート家電で採用されることの多いOSであるLinuxやAndroidの脆弱性を診断する「脆弱性チェック機能」、 マルウェアなどが悪用するポートの開放有無をチェックする「オープンポートチェック機能」を利用できる。

2020年
3月2日
Wi-Fi 6ルーター、ASUS

低価格でも「遊べる」Wi-Fi 6ルーター、ASUSの新製品は実売2万円以下!

ASUSならではの「AiMesh」やセキュリティ機能、QoS、クラウド機能、Alexa/IFTTTとの連携機能はそのままに、 コンパクトな筐体と手ごろな価格を実現した「RT-AX3000」を試してみた。

2020年
2月27日
スマートスピーカー、バッテリ内蔵

Sonos初のバッテリ内蔵スマートスピーカー「Move」。Bluetooth初対応

Sonos Japanは、バッテリー内蔵で持ち運べるスマートスピーカー「Sonos Move」を3月6日より先行販売開始する。 価格は46,800円。GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応する。海外では'19年9月より発売されていたモデルが、 国内でも販売開始される。

2020年
2月26日
スマートスピーカー、Alexa

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

今回は、アレクサの設定方法や対策法を解説していきます。これを機にアレクサを使えるように学びましょう。

2020年
2月25日
Wi-Fiルーター、Wi-Fi 6対応

実測1.6Gbps! 超高速Wi-Fi 6の世界へようこそ 4万円で世界が変わる「Aterm WX6000HP」

NECプラットフォームズから発売されたWi-Fi 6対応のAterm WX6000HPを実際にテストしてみた。 実売3万9403円という価格を見れば、現状でもコストに対しての性能は十分すぎるほど高い。

2020年
2月21日
BDレコーダ、4K放送

4K放送が録れるBDレコーダ、どれ選ぶ? 録画・ダビング~スマホ連携までガチ比較・後編

シャープ、ソニー、パナソニックの3社4Kレコーダー・ガチ比較。後編では、録画番組の視聴から保存、スマホ連携を取り上げる。

2020年
2月21日
見逃し配信、NHKプラス

NHKのネット同時&見逃し配信「NHKプラス」機能詳細が明らかに。チャプタ再生も

NHKは20日、3月から試験運用開始する放送の常時同時/見逃し配信「NHKプラス」に関する説明会を報道関係者向けに開催。 サービスの概要や利用画面を公開した。 PCまたはスマートフォンのWebブラウザ、またはiPhone/Android向けアプリで視聴できる。

2020年
2月20日
BDレコーダ、4K放送

4K放送が録れるBDレコーダ、どれ選ぶ? シャープ×ソニー×パナソニックでガチ比較・前編

4K8K機器の1つである「4Kレコーダー」をピックアップし、シャープ、ソニー、パナソニックの3社から現在発売されている上位シリーズを横並び比較してみた。 比較に使用したのは、シャープ「4B-C40BT3」('19年10月発売・約14万円)、ソニー「BDZ-FBT3000」(同年11月・約12.5万円)、 そしてパナソニック「DMR-4CW400」(同年7月・約14万円)の3製品だ。

2020年
2月20日
BDレコーダ、4K放送

4K放送が録れるBDレコーダ、どれ選ぶ? シャープ×ソニー×パナソニックでガチ比較・前編

4K8K機器の1つである「4Kレコーダー」をピックアップし、シャープ、ソニー、パナソニックの3社から現在発売されている上位シリーズを横並び比較してみた。 比較に使用したのは、シャープ「4B-C40BT3」('19年10月発売・約14万円)、ソニー「BDZ-FBT3000」(同年11月・約12.5万円)、 そしてパナソニック「DMR-4CW400」(同年7月・約14万円)の3製品だ。

2020年
2月20日
セットトップボックス、HDMIデバイス

Apple TVとFire TVどっちがいい? 4K対応セットトップボックスおすすめランキング11選[2020年]

今回、4Kテレビを買ったら一緒に買いたいセットトップボックスの最新ランキングを決定するべく、 4K対応デバイスを中心に全10台を一斉にテストしました。

2020年
2月19日
Wi-Fi 6ルーター、ネットギア

13,807円のWi-Fi 6ルーター「RAX20-100JPS」、4コアCPU搭載でネットギアが発売

ネットギアジャパン合同会社は、Wi-Fi 6対応ルーターのエントリーモデル「RAX20-100JPS」を3月10日に発売する。 4ストリームMIMOのデュアルバンド対応モデルで、最大通信速度は1201Mbps(5GHz帯接続時)または574Mbps(2.4GHz帯接続時)。 推奨接続台数は24台。

2020年
2月19日
Wi-Fi 6対応、中継機

Wi-Fi 6対応で6900円、コンセント直挿し型中継機「RE505X」、TP-Linkが発売

RE505Xは、Wi-Fi 6こと「IEEE 802.11ax」の5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンドに対応する中継機。 最大通信速度は1201Mbps(5GHz帯接続時)または300Mbps(2.4GHz帯接続時)。 推奨接続台数は24台。3月11日に発売する。市場想定価格は6900円(税別)。

2020年
2月18日
フレッツ 光クロス、光回線サービス

最大10Gbpsの「フレッツ 光クロス」が4月1日提供、月額6300円、NTT東西

フレッツ 光クロスは、光回線を用い、上り/下りの最大通信速度が約10Gbpsのベストエフォートで提供されるインターネット接続サービス。 ISP接続方式はIPoE IPv6で、10GBASE-TとWi-FI 6(IEEE 802.11ax)対応のルーターもレンタル(月額500円、税別)で提供される。

2020年
2月17日
5G対応スマホ、AQUOS R5G

シャープ、8K動画が撮れる5G対応“4眼”スマホ「AQUOS R5G」'20年春発売

シャープは、第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォン「AQUOS R5G」を商品化。 '20年春の5G商用サービス開始に合わせて発売する。 8Kワイドカメラを含む4眼カメラや、約6.5インチの高精細液晶ディスプレイ「Pro IGZO」の搭載を特徴とする。

2020年
2月17日
モバイルルーター、5G対応

シャープ、5Gモバイルルーターを発売

5Gに対応したモバイルルーターを商品化し、本年春の5Gの商用サービス開始にあわせて発売する予定だ。 新規格Wi-Fi6にも対応している。タブレット端末やノートパソコンなどを最大16台まで同時接続でき、 複数の端末を接続した際も高速で安定的な通信が可能だ。

2020年
2月14日
5G対応スマホ、AQUOS R5G

「1980円」のネットワークカメラ「ATOM Cam」、PCからの映像確認やクラウドへの動画保存が可能に

1月中旬から開始したATOM Camのクラウドファンディングのプロジェクト達成時に行う追加開発の内容を明らかにした。 クラウドファンディングサイト「Ready for」で2月28日まで1980円で募集を受け付けている。 動画の保存先としてNAS、Google Drive、Dropboxを選択可能になる。ONVIF/Apple Homekitへの対応も行われる。

2020年
2月14日
スティックPC、Windows 10

ASUS、Windows 10 Pro搭載のスティックPC

OSにWindows 10 Proを搭載したスティックPC「VivoStick PC」2モデルを21日に発売する。 CPUにはAtom x5-Z8350を搭載し、冷却ファンを内蔵することで長時間の連続使用にも耐えるとしている。

2020年
2月13日
レグザブルーレイ、音声操作

東芝、音で検索・操作できる3番組同時録画“時短”レコーダ。約5.5万円

1TB HDD搭載BDレコーダー「DBR-T1009」を2月21日に発売する。 “トリプルチューナー搭載で手頃な録画機が欲しい”という要望に応えた製品。 レグザブルーレイの強みである時短機能を継承しつつ、新たにスマホを使った音声操作に対応した。

2020年
2月12日
スマートグラス、スマートウォッチ

レーザー搭載スマートグラス進化、骨伝導の完全ワイヤレスなど「ウェアラブルEXPO」

「第6回ウェアラブル EXPO」が2月12日に東京ビッグサイトで開幕した。 レーザー網膜走査型など、スマートグラスの画質や装着性がさらに進化。各社から展示されたスマートグラスの特徴を紹介。 スマートウォッチでは、フィットビット初となるAmazon Alexa対応も特徴で、ロボット掃除機やサーキュレーターなどの家電を、 声で操作できるというデモを行なっていた。

2020年
2月12日
HDMI、画面分割切替器

ディスプレイ1台に、4台のHDMI機器の映像を出力可能。4K対応画面分割切替器

サンワサプライは、1台のディスプレイに4台のHDMI出力機器の映像を4分割出力できる画面分割切替器「SW-UHD41MTV」を発売した。 価格は78,000円。2分割モード、全画面モードも用意。用途に合わせた最適な表示方法が選べる。

2020年
2月10日
Wi-Fi 6ルーター、メッシュWi-Fi対応

1万8000円でメッシュでも使えるWi-Fi 6ルーター、ASUS「RT-AX3000」

ASUS JAPAN株式会社は、ASUS独自のメッシュWi-Fi「AiMesh」に対応するWi-Fi 6ルーター「RT-AX3000」を2月14日に発売する。 ASUS独自の「AiMesh」も利用可能。Wi-Fi 6とWi-Fi 5(11ac)のルーターが混在していても併用できる。 セキュリティ対策機能「AiProtection」も搭載。

2020年
2月7日
4K/8Kテレビ、動向

'20年の4K/8Kテレビ動向が見えた! CESで見つけた“大画面”総まとめ

CES2020で見かけた大画面テレビに関する情報を総まとめして報告している。

2020年
2月6日
STB、ドコモ光

ドコモ、アンテナ不要でBS4Kやネット動画が観られる「テレビターミナル02」

映像配信サービスやBS4K放送を視聴可能なSTB「ドコモテレビターミナル02」を2月13日に全ドコモ取扱店で発売する。 直販価格は15,840円。利用にはドコモ光などフレッツ回線、インターネット接続サービスの契約、dアカウントの設定が必要。 4K/HDR映像に対応し、HDR10とHLGをサポート。DLNA/DTCP-IP対応で、外出先から利用できるDTCP+もサポートする。

2020年
2月5日
レグザ、Z740X

東芝、クラウドAIで画質進化する全録の4K液晶レグザ「Z740X」。「4K放送も暗くない」

クラウド技術を活用してコンテンツごとに最適な画質を実現。2月21日より順次発売する。 50型「50Z740X」、55型「55Z740X」、65型「65Z740X」の3モデルをラインナップ。'19年モデル「Z730X」の後継機。 タイムシフトマシン、重低音バズーカ対応。2画面同時表示の「ダブルウィンドウ」、放送中の地デジ最大6チャンネルを同時表示など。

2020年
2月5日
スマートディスプレイ、Echo Show

Amazon、8型画面で14,980円の「Echo Show 8」。音声&タッチで家電操作も

8型ディスプレイと100万画素カメラ、ステレオスピーカーを搭載し、自宅のさまざまな場所でAlexaを利用できるEcho端末。 出荷開始は2月26日。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acのデュアルバンド。

2020年
2月5日
Wi-Fiルーター、4G/LTE回線対応

アイ・オー・データ、インターネット接続に4G/LTE回線が使えるSIMフリーのWi-Fiルーター

「WN-CS300FR」を2月下旬に発売する。価格は1万8700円(税抜)。 主な用途としては、インターネット光回線を敷設できない/したくない、住宅やひとり暮らしのワンルーム、 光回線の敷設が難しいイベント会場などを想定している。有線LANとWi-Fi接続の両方に対応。

2020年
2月5日
スマートホーム、+Style

“ハブ不要”“サブスクなし”でスマートホーム普及を目指す「+Style」の取り組み

ソフトバンク系列で主にホームIoT製品を展開するプラススタイルは、新製品発表会を開催した。 自社ブランドの新製品や「+Style」アプリの新機能が発表されたほか、2019年の人気商品ランキングも公開された。

2020年
2月5日
スマート照明、プラススタイル

プラススタイル、スマホ操作に対応するベッドサイドランプとデスクライト ~アプリのGPS機能で家電のON/OFFも

Wi-Fiを備えたスマート照明「スマートLEDベッドサイドランプ(調光・RGB調色)」と「スマートLEDデスクライト(調光・調色)」 の2モデルを2月20日に発売する。価格は順に4,380円、5,200円。

2020年
2月4日
全録、4Kディーガ

業界初4K放送まる録り「全自動4Kディーガ」。10TB・13日間録画で約32万円

3月13日より発売する。10TB HDD・11チューナーの「DMR-4X1000」、6TB・7チューナーの「DMR-4X600」の2機種をラインナップ。 '19年5月発売の全自動DIGAの後継モデル。好みのチャンネルをまるごと録画する“全録”機能を従来機から引き継ぎつつ、 新4K衛星放送チューナー2基を新搭載。

2020年
2月4日
2Kディーガ

パナソニック、最長6ch×16日間録れる全自動ディーガ。約9万円

2K放送×6chを最長16日間録画できる全自動DIGA「DMR-2X200」を3月13日に発売する。 内蔵チューナー数は、全7チューナーで、地上波/BS/CS×6・地上波専用×1。最大で2K放送×6chのチャンネル録画が可能。

2020年
2月4日
2Kディーガ

パナソニック、最長6ch×16日間録れる全自動ディーガ。約9万円

2K放送×6chを最長16日間録画できる全自動DIGA「DMR-2X200」を3月13日に発売する。 内蔵チューナー数は、全7チューナーで、地上波/BS/CS×6・地上波専用×1。最大で2K放送×6chのチャンネル録画が可能。

2020年
2月4日
メッシュWi-Fi、ネットギアジャパン

家中700Mbpsオーバー! あまりの速さに思わず二度見!

ネットギアジャパンから、メッシュWi-Fiシステムの新製品「Orbi WiFi 6(RBK852)」が登場した。 Wi-Fi 6対応となったネットギアジャパンの新Orbiを実際にテストしてみた。

2020年
2月3日
LANカード、10GbE対応

アイ・オー、10GbE対応LANカードを1万6500円に値下げ、PCI-E接続の「ET10G-PCIE」

10/5/2.5GBASE-Tのマルチギガビットに対応するLANカード「ET10G-PCIE」のメーカー希望小売価格(税別)を、 2月1日より2万7700円から1万6500円に値下げした。

2020年
1月31日
BDレコーダー、「HDD/BDドライブ健康診断」機能

シャープ、HDDが壊れる前に診断してくれるBDレコーダー「AQUOSブルーレイ CT1/CW1」

新モデル「CT1」、「CW1」シリーズ6機種を発表した。発売日は2月20日で、「2B-C05CW1」のみ3月26日。声での録画予約も可能。 内蔵しているドライブの状態が確認できる「HDD/BDドライブ健康診断」機能を新たに搭載。 診断結果を3段階のランク(A・B・C)とコメントで知らせてくれる。

2020年
1月30日
家電操作、Clova Bot

LINEの会話感覚で外出先から家電操作できる「Clova Bot」。話しかけ不要

AIアシスタントClovaを使ってテレビやエアコンなどの家電機器を操作できる機能を、 LINEのトーク画面に文字入力して行なえる「Clova Bot」を1月30日より提供開始した。スマートスピーカーに話しかけなくても、 外出先などからLINEのトーク画面で文字入力することで操作できるのが今回の「Clova Bot」の特徴。

2020年
1月30日
スマート家電、ニトリ

ニトリ、スマホとスマートスピーカー対応のLEDシーリングライトとLED電球

ニトリは専用アプリ「SmartLife」を使用し、スマートフォンやAIスピーカーで操作できるスマートLEDシーリングライト ネクト(6畳)と、 スマートLED電球 ネクト(WMCDA21-9)を発売した。同社ECサイトでの直販価格は順に7,264円、2,719円(税抜)。

2020年
1月29日
4Kレグザ、動画配信サービス

東芝、4Kレグザ「X930」など'19年モデルがRakuten TVに対応

28日、'19年発売の4Kレグザを対象に、動画配信サービス「Rakuten TV」に対応するソフトウェアアップデートを開始した。 Rakuten TVは、スポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本のコンテンツを提供する動画配信サービス。

2020年
1月29日
4Kレグザ、動画配信サービス

東芝、4Kレグザ「X930」など'19年モデルがRakuten TVに対応

28日、'19年発売の4Kレグザを対象に、動画配信サービス「Rakuten TV」に対応するソフトウェアアップデートを開始した。 Rakuten TVは、スポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本のコンテンツを提供する動画配信サービス。

2020年
1月29日
無線LANルーター、中継機

アイ・オー、トライバンドや7千円台で独自メッシュ機能搭載のルーターなど

トライバンド無線LANルーター「WN-TX4266GR」、独自メッシュ機能搭載無線LANルーター「WN-DX1167GR」、 さらにWN-DX1167GRに対応する中継機「WN-DX1300EXP」の3機種を2月下旬に発売する。 税別価格は順に、18,700円、7,200円、6,600円。

2020年
1月28日
ギガビットスイッチ、PoE給電可能

5ポート1万4800円のPoE対応スイッチ、エレコムが発売

PoE給電可能なギガビット対応のレイヤ2アンマネージスイッチ3製品を2月上旬に発売する。 EHB-UG2C05Eは5ポート中4つ、ほか2製品(8ポート、16ポート)は全ポートがIEEE 802.3af/at規格準拠のPoE給電に対応。 いずれも1ポートあたり最大30Wの給電が可能。

2020年
1月24日
スマートリモコン、ラトックシステム

赤外線型の家電をスマート家電に!rs-wfirex4を徹底解説

今回はrs-wfirex4とは何か、そしてその特徴や注意点などをスマートリモコン購入検討者向けに分かりやすく解説していきます。

2020年
1月23日
Bluetooth、トランスミッター

テレビ音声をワイヤレス化するBluetoothトランスミッタ。aptX LLで低遅延

サンワサプライは、ステレオミニ接続した音声をBluetooth送信できるトランスミッター「400-BTAD005」を発売した。 価格は3,618円。

2020年
1月22日
BDレコーダー、ディーガ

パナソニック、2TB HDD&ダブルチューナのスマホ連携ディーガ。約5.5万円

“おうちクラウドディーガ”の新製品として、スマホでテレビ番組や写真、 動画も楽しめるBDレコーダー「DMR-BRW2060」を2月14日より発売する。 '19年5月発売の1TB「DMR-BRW1060」と、500GB「DMR-BRW560」と同じシリーズの2TBモデル。 スマホで撮影した動画/写真などを保存できる「おうちクラウド」の機能も引き続き搭載。

2020年
1月22日
BDレコーダー、ディーガ

パナソニック、2TB HDD&ダブルチューナのスマホ連携ディーガ。約5.5万円

“おうちクラウドディーガ”の新製品として、スマホでテレビ番組や写真、 動画も楽しめるBDレコーダー「DMR-BRW2060」を2月14日より発売する。 '19年5月発売の1TB「DMR-BRW1060」と、500GB「DMR-BRW560」と同じシリーズの2TBモデル。 スマホで撮影した動画/写真などを保存できる「おうちクラウド」の機能も引き続き搭載。

2020年
1月22日
メッシュWi-Fi、中継機

アイ・オーが1台7千円のメッシュWi-Fi、ルーターとコンセント直挿し型中継機の2モデルを発表予定

独自メッシュWi-Fiに対応するルーター「WN-DX1167GR」と、コンセント直挿し型の中継機「WN-DX1300EXP」を近日中に発表する。 WN-DX1167GRが7200円、WN-DX1300EXPが6600円。いずれも最大通信速度は5GHz帯が867Mbps、 2.4GHz帯が300Mbps(256QAM接続時は400Mbps)。

2020年
1月22日
Wi-Fiルーター、トライバンド対応

初のトライバンド対応Wi-Fiルーター「WN-TX4266GR」、アイ・オーが近日発表

最大通信速度がいずれも1733Mbpsとなる2系統の5GHz帯は、それぞれW52/W53とW56に対応。 2.4GHz帯は最大800Mbps(256QAM対応時)。市場想定価格(税別)は1万8700円。発売は2月下旬の予定。

2020年
1月22日
NAS、2.5GbE接続

アイ・オー、個人向けNASに2.5GbE接続対応の高速モデル

1月22日、マルチギガビット接続をサポートした個人向けNAS「HDL-AAX」「HDL2-AAX」シリーズを発表、2月末に出荷を開始する HDL-AAXシリーズは1TBモデルから8TBモデルまで、HDL2-AAXシリーズは2TBモデルから16TBモデルまでラインアップ。

2020年
1月21日
メッシュWi-Fi、ASUS

ASUSの新メッシュ「ZenWiFi CT8」をテスト、家中でWi-Fiが400Mbps超!

独立した1733Mbpsの5GHz帯でで最も重要な基幹ネットワークを構成できる製品だ。その実力を検証してみた。

2020年
1月17日
フレッツ光、10Gbps対応

10Gbps対応のフレッツ光、NTT西日本も4月から提供予定

今回、NTT西日本の広報がINTERNET Watchの取材に対し、最大10Gbpsのフレッツ光について「NTT西日本においても、 NTT東日本と同時期にサービス提供を予定している」と回答した。 ただし、料金やエリアは「報道発表前のため、回答を差し控える」としている。

2020年
1月17日
4K BRAVIA、アップデート

ソニー、4K BRAVIA 6機種をドルビーアトモス/AirPlay 2/Apple HomeKit対応アップデート

有機ELテレビおよび液晶テレビの4K“BRAVIA”「A9G」「X9500G」「X8550G」「X8500G」「A9F」「Z9F」シリーズをアップデート。 最新ファームウェアの提供を開始した。

2020年
1月16日
メッシュWi-Fi、バッファロー

メッシュWi-Fiにセキュリティ機能搭載、バッファローがデュアルバンド対応の「WRM-D2133HS」発売

同社のメッシュWi-Fiブランド「AirStation connect」シリーズの新製品として発売するもの。 ルーター1台では電波の死角がある環境で、複数台を組み合わせて、家中どこでも電波が届くWi-Fi環境を構築できる。

2020年
1月16日
メッシュWi-Fi、中継機

バッファロー、コンセント直付け型のメッシュWi-Fi中継機「WEM-1266WP」

WEM-1266WPは、コンセントの差し込み口を塞がず設置できるのが特徴の中継機で、 最大転送速度866Mbps(IEEE 802.11ac接続時)の5GHz帯と、同400Mbps(IEEE 802.11n接続時)のデュアルバンドに対応。

2020年
1月15日
ネットワークカメラ、ATOM Cam

1980円のネットワークカメラ「ATOM Cam」、クラウドファンディングで2月28日まで

カメラ本体では1080p(1920×1080ピクセル)のH.264圧縮映像(15fps)を記録可能で、8倍デジタルズームも行える。 4つのLEDを搭載し、暗所での赤外線モノクロ撮影が可能なナイトビジョンモードも備える。

2020年
1月14日
Windows 7、サポート終了

Windows 7はついにサポート終了OSへ……結局どうなる? どうすればいい?

2020年1月14日。ついにWindows 7のサポートが終了となる。すでにWindows 10へ移行した人がほとんどだと思われるが、 未だWindows 7のまま、という人のために、現在の状況と対応をまとめてみた解説記事。

2020年
1月14日
Amazon Alexa、CES 2020

【CES 2020】写真で見るAmazonブース ~Amazon製の「スマートオーブン」から、Alexa搭載ランボルギーニまで

1月7日から10日(現地時間)にアメリカ・ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー「CES 2020」で、 Amazon Alexaを搭載する自社・他社製品などを展示。ここでは、各製品を写真で紹介する。

2020年
1月14日
スマート家電、エアコン Eolia

「スマートフォンをリモコン化計画」推進するパナソニックのエアコンEoliaシリーズ、無線LAN内蔵機種ラインナップ拡充

同社は、エアコン Eoliaシリーズで、新たに無線LAN内蔵機種のラインナップをAX/EX/GX/Jシリーズと拡充し、 1月21日から発売する。

2020年
1月10日
IoT、CES2020

IoTは“Internet of Things”から“Intelligence of Things”へ――CES 2020の注目話題 ほか

2020年1月7日から米国ラスベガスで開幕した全米最大コンシューマーテクノロジーショー「CES 2020」について紹介。

2020年
1月10日
スマートホーム、CES2020

スマートホームは「製品」より「体験」が価値となる時代へ ーCES2020レポート2

ラスベガスで開催されているCES2020レポート第二段はスマートホームについてだ。 製品の展示としては昨年と同様にカメラやスマートロックをはじめとしたセキュリティ関連製品が多かった。

2020年
1月10日
WiFi 6、メッシュWiFi

NETGEAR、快適なスマートホームを支えるWiFi 6テクノロジー搭載トライバンドメッシュWiFiシステムを発売

ネットギアジャパン合同会社(以下、NETGEAR)は、WiFi 6テクノロジーを搭載したトライバンドメッシュWiFiシステム「Orbi WiFi 6」の2台セットを、 2月4日から発売する。ルーターとサテライトを置くだけで、最大350㎡の範囲にメッシュWiFiを自動構築する。

2020年
1月10日
スマートホーム、HEMS

YKK AP、リモコンシャッターや玄関ドアをHEMS機器と連携

今回の連携により、自身のスマートフォンでシャッターの開閉や玄関ドアの施錠が管理できるようになる。 また、HEMS側の機器の端末、スマートフォンの他、スマートスピーカーでの操作も可能となる。

2020年
1月10日
スマートホーム、人感センサー

【引っ越しプロジェクトVol.2】人感センサーの設置位置を考えよう

IKEAのスマート照明シリーズ「TRÅDFRI(トロードフリ)」とセットで使える人感センサーの設置方法について解説します。

2020年
1月9日
Wi-Fi 6、無線LANルーター

NECプラットフォームズ、Wi-Fi 6対応のホーム無線LANルーター2製品を発表

1月9日、最新無線通信規格のWi-Fi 6をサポートした無線LANルーター「Aterm WX6000HP」「Aterm WX3000HP」を発表、 それぞれ1月23日/5月中旬に販売を開始する。 ともにIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)接続に対応し、最新テクノロジーの「OFDMA」や「MU-MIMO」にも対応。

2020年
1月9日
アンマネージスイッチ、PoE対応

バッファロー、PoE対応のアンマネージスイッチ「BS-GU21P」、8ポート2万円、5ポート1.5万円

いずれもギガビット対応のアンマネージスイッチで、BS-GU2108Pは全ポート、 BS-GU2105Pは4ポートがIEEE 802.3af規格に準拠したPoEに対応。いずれも合計で最大50Wまでの給電が可能。 筐体は金属製で、電源内蔵ながらファンレスで動作する。

2020年
1月9日
スマートホーム、スマートスピーカー

2020年をスマートホーム元年に!(後編)目的別・スマートスピーカーの選び方

通算で10台以上のスマートスピーカーを使ってきた私が、目的別におすすめ商品をご紹介します。

2020年
1月8日
スマートホーム、スマート家電

2020年をスマートホーム元年に!(前編)まず導入するべき「スマート家電3種の神器」

年末の大掃除できれいになった家に今から投入するのにおすすめのIoTガジェット(スマート家電)をご紹介しましょう。

2020年
1月7日
フレッツ光、10Gbpsサービス

フレッツ光が10Gbpsサービスに対応、NTT東が2020年4月提供開始予定

日経 xTECHによるNTT東代表取締役社長の井上福造氏へのインタビューによれば、 提供エリアは東京都23区の一部から開始して、順次拡大の予定だという。

2020年
1月7日
無線LAN、Wi-Fi 6E

6GHz帯が利用可能になった無線LANの新規格「Wi-Fi 6E」が発表される

無線LAN規格の策定を行うWi-Fi Allianceが、通信に利用する無線電波の周波数を6GHz帯(5.925GHz~7.125GHz) にまで拡張した新規格「Wi-Fi 6E」を2020年1月3日に発表しました。

2020年
1月6日
無線LAN、Wi-Fi 6E

Wi-Fi 6ルーターの選び方、7つのポイント

現時点で入手可能なコンシューマー向けWi-Fi 6対応ルーター16モデルを紹介しつつ、 購入時に気を付けるポイントを解説しよう。

2019年
12月27日
スマートスピーカー、市場調査

【Pew Research Center調査】米国スマートスピーカー市場について知っておくべき5つのこと

2019年11月21日、Pew Research Centerが米国スマートスピーカー市場に関する新しい調査結果を発表したので、 その中の一部を紹介する。

2019年
12月26日
ホームネットワーク、セキュリティ

家のネットワークに繋がっているモノ、把握してる?

家庭内のネットワークにセキュリティリスクを確認するチェックツールが大事です。 トレンドマイクロが提供する「オンラインスキャン for Home Network」等を紹介している。

2019年
12月25日
ホームネットワーク、セキュリティ

実家のWi-Fiルーターもより安全に! 年末年始の帰省時に対策を

「IoT機器を狙ったサイバー攻撃」の増加により、Wi-Fiルーターのセキュリティ対策が急務となってきた。 Wi-Fiルーターをサイバー攻撃から守るには、どのような点に注意すればいいのか?

2019年
12月25日
PoE対応スイッチ、ネットギア

PoEにも価格破壊、8ポートで1.5万円切りのPoE対応スイッチなど4製品、ネットギアが発売

ネットギアジャパン合同会社は、ギガビット対応のアンマネージL2スイッチ「GS300」シリーズとして、 全ポートPoE+給電対応の4製品を発売する。GS300シリーズは、金属筐体を採用し、 小規模オフィスや家庭内ネットワークでも設定不要ですぐに使えるアンマネージスイッチ。

2019年
12月25日
スマートリモコン

自宅をスマートハウス化!スマートリモコンの選び方とおすすめ製品を解説

今回はスマートリモコンとは何か、そして選び方やおすすめ製品もご紹介していきます。

2019年
12月24日
Windows 7、サポート

Windows 7サポート終了まで残り3週間! 国内では法人813万台、家庭679万台が依然稼働

来年1月14日のWindows 7サポート終了まで、残り3週間となった。日本マイクロソフト(株)は12月24日、 公式ブログで改めて注意を喚起するとともに、最新のWindows 7の稼働状況を発表している。

2019年
12月23日
スマートロック、スマートハウス

ドアをスマートハウス化する“スマートロック”とは

今回はスマートハウスを実現できるスマートロックとは何か、そしてそのメリット・デメリット、 さらにはおすすめ製品もご紹介していきます。「

2019年
12月20日
Wi-Fi 6対応、Wi-Fiルーター

Wi-Fi 6対応ルーター2モデル、NECプラットフォームズが1月発表を予告

最新規格“Wi-Fi 6”こと「IEEE 802.11ax」に対応するWi-Fiルーター2モデルの1月発表を予告するティザーサイトを公開している。 11acの倍となる8×8のMU-MIMOと、「1024QAM」のデジタル変調を標準でサポートすることで、 理論値では最大約9.6Gbpsで通信が行える。

2019年
12月20日
スマートリモコン、ラトックシステム

ラトックシステムのスマート家電リモコン、スマートスピーカーで電動カーテンと扇風機の操作が可能に

今回、「スマート家電コントローラ」アプリを更新し、GoogleアシスタントのDirect Actionsによる電動カーテンと扇風機の操作に対応した。 これらの機能は、RS-WFIREX4のほか、スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」「REX-WFIREX2」でも使用できる。

2019年
12月19日
スマートディスプレイ、Google Nest Hub Max

画面が大きいだけじゃない! 進化しまくりの「Google Nest Hub Max」を使ってみた (1/4)

カメラの搭載により、ビデオ通話を始め複数の機能が追加され、7型のGoogle Nest Hubとは比べ物にならないほど用途の幅は広がっている。 今回は借用した製品をもとに、Google Nest Hubとの違いを中心に徹底チェックする。

2019年
12月18日
スマートホーム、スマートホーム機器

Amazon、Apple、Google、スマートホーム機器接続の統一規格に向けて提携

Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceは18日、スマートホーム製品間の互換性を向上させることを目的とし、 新しいロイヤルティフリー(使用料無料)のコネクティビティ規格の開発、および採用を奨励する、 新たなワーキンググループを結成すると発表した。

2019年
12月18日
ビエラ、BD/HDD内蔵

パナソニック初、4K放送を“録る・見る・残す”BD/HDD内蔵4Kビエラ

パナソニックは、新4K衛星放送チューナーを搭載したBD/HDD内蔵の4K液晶テレビ「VIERA GR770シリーズ」を2020年1月24日より発売する。 43/49型の2サイズをラインナップ。機器の追加や複雑な接続をすることなく、1台で新4K衛星放送の視聴から録画、 ダビングが行なえるオールインワンモデルとして訴求する。

2019年
12月18日
レグザブルーレイ、BDレコーダー

レグザブルーレイ「DBR-UT9」がスマホからの音声検索・音声操作に対応

東芝映像ソリューションは、Ultra HD Blu-rayの再生に対応したBDレコーダー「DBR-UT309/DBR-UT209/DBR-UT109」 の本体ソフトウェアを18日にアップデート。時短再生機能にお好み設定やおまかせ自動録画設定の追加などを行なった。

2019年
12月18日
スマートスピーカー、Google Nest Mini

買い替える価値はある? 「Google Nest Mini」を使い込んで分かったこと (1/3)

Googleから新しく発売された「Google Nest Mini」は、これまでの「Google Home Mini」のニューモデルに相当する、 小型スマートスピーカーだ。2週間ほど使い込だので、従来モデルとの違いを中心に紹介する。

2019年
12月17日
4K8K放送、録画・保存

4K8K放送の番組はどうやって残す? BDレコーダ選び“新虎の巻”

今回は「4K8K放送の録画・保存」をテーマに、その方法をまとめてみた。 後半には、4K放送の録画・保存ができるレコーダー製品('19年12月現在)をリストアップするとともに、 それら製品の特徴を記載した。

2019年
12月16日
スマートリモコン、ラトックシステム

スマートリモコン「RS-BTIREX2」スマホに話しかけて家電操作が可能に

ラトックシステムは、スマートフォンから家電を操作できるBluetooth接続のスマート家電リモコン「RS-BTIREX2」 の機能をアップデート。GoogleアシスタントとSiriショートカットに対応した。

2019年
12月13日
ゲーム機、Xbox Series X

新ゲーム機「Xbox Series X」発表。「処理能力はXbox One Xの4倍」、8K対応も

マイクロソフトは、ゲーム機のXboxシリーズ新モデル「Xbox Series X」を発表した。2020年のホリデーシーズンに登場予定で、 「これまでで最速かつ最も強力なコンソール」になるという。その処理能力はXbox One Xの4倍で、 4K/60fpsでゲームを描写できるほか、可変リフレッシュレート(VRR)や、8Kもサポート。 フレームレートは最大120fpsまで対応できるという。

2019年
12月13日
スマート家電

自宅のスマートハウス化を実現!スマート家電について分かりやすくご紹介

今回はスマート家電の種類やおススメ製品、そして今後スマート家電がどうなっていくのかも解説していきます。 「スマート家電について詳しく理解して、トレンドに遅れないようにしたい」、 「おすすめスマート家電を知って導入の参考にしたい」という方はぜひご覧ください

2019年
12月12日
スマートスピーカー、Echo Studio

でっかいアレクサ、Amazon「Echo Studio」を自腹購入。3Dオーディオを聴く

9月26日、Amazonは新しいEchoシリーズ4製品を発表した。このうち第3世代Echoと、 新モデル「Echo Dot with clock」は先に発売され、10月23日のレビューでテストしたところだ。 残るEcho Flexは11月14日、Echo Studioは12月5日の出荷開始が予定されていた。

2019年
12月12日
ネットワークレコーダ、nasne

PC TV Plus、PCにダビングした番組の圧縮が可能に。auひかりテレビのSTBにも対応

ソニーは、ネットワークレコーダ「nasne」などの録画/放送番組をPCで視聴できるソフト「PC TV Plus」を、Ver.4.2にアップデート。 パソコンにダビングした録画番組を圧縮する機能などが追加され、 ひかりTV対応チューナー「ST4500」への番組予約にも対応した。

2019年
12月12日
ネットワークレコーダ、nasne

ソニーのBDレコ「BDZ-ZW1700/ZW2700/ZT1700」に「新作ドラマ・アニメガイド」機能

ソフトウェアをアップデート。 「新作ドラマ・アニメガイド」は、地上・BSデジタルの無料放送チャンネルの中から、 連続ドラマ/アニメを最長1カ月前から先行予約できるもの。

2019年
12月12日
デジタルTV、LG

LG、2018年と2019年の全テレビがHuluに対応

テレビがインターネット接続されていれば、自動でホームランチャーにHuluのアプリが追加される。

2019年
12月11日
ミラーリング、AnyCast

スマホ画面をTVに表示できるワイヤレスアダプタ「AnyCast」。約2,380円

テレビやディスプレイとHDMIで接続し、無線LAN(2.4GHz)経由でスマートフォンやタブレットの画面をHDMI出力できるアダプタ。 iPhoneやAndroidのWi-Fi設定を行ないミラーリングさせれば、スマホ内の写真や動画データを大きな画面で楽しめる。

2019年
12月11日
スマートリモコン、MagicDot

赤外線送信を強化した3,480円のスマートリモコン「MagicDot」

コヴィアは、ORVIBOスマートホームシリーズのWi-Fi赤外線スマートリモコン「MagicDot」(CT30W)を発売した。 2017年11月に発売した「MagicCube」からダイレクト操作機能を除き、赤外線飛距離の向上など基本性能を追求。 8,000種類を超えるリモコンコードがプリセットされ、収録されていないリモコンも学習機能で追加可能。

2019年
12月11日
スマートハウス

住宅をスマートハウス化したい!国や自治体から補助金がもらえるって本当?

スマートハウスの核となるエネルギー管理システム「HEMS」ですが、導入する際に補助金がもらえることをご存知でしたか? 新しくスマートハウスを建てたい方、既存の家をスマートハウス化したい方は、ぜひ参考にしてください。

2019年
12月9日
東芝HDDレコーダ、映像配信サービス

東芝4K放送W録レコーダ「D-4KWH209」がYouTube視聴対応

本体ソフトウェアを9日にアップデート。YouTubeの動画視聴に対応した。 映像配信サービスは、dTV、U-NEXT、TSUTAYA TVを視聴できるが、アップデートによりYouTubeも視聴可能となった。

2019年
12月9日
有線LAN、10G/2.5G

バッファローが10G/2.5Gをコモディティ化! 2万円切りのスイッチや、3.4万円で10G×2ポート+2.5G×4ポートのスイッチを試す

バッファローから、2.5GBASE-Tおよび10GBASE-Tに対応した有線LAN製品が次々に発売された。 スイッチングハブ2製品と、2.5Gbps対応USB 3.1(Gen1)用有線LANアダプター「LUA-U3-A2G」を、実際に使ってみた。

2019年
12月6日
東芝、4Kレグザ、X930

成熟の東芝4Kレグザ「X930」は弱点なし!? 放送、映画、そして「デススト」にもベストマッチ

今回、東芝映像ソリューションから「“自信作”なので、最新製品を評価してほしい」との申し入れがあり、 期間限定ながら、筆者宅に運び入れてみっちり評価することができた。 今年最後の大画面☆マニアは、東芝の有機ELレグザ「65X930」で行くことにしたい。

2019年
12月5日
スマートスピーカー、Google Nest Hub Max

カメラが拡げるスマートホームの可能性。「Google Nest Hub Max」

11月に発売されたスマートスピーカーの最新モデル「Google Nest Hub Max」。 本稿では導入から実際の使用感、カメラ搭載モデルならではの機能を中心にレビューする。

2019年
12月5日
スマートリモコン、sRemo-R

SOCINNO、AIアシスタント対応のスマートリモコン「sRemo-R」に3年保証付きのリニューアルモデル

12月5日、スマートリモコン「sRemo-R」のリニューアルモデル「sRemo-R3」を発表。 家庭内の家電製品をスマートフォンから操作できるスマートリモコン。温度や湿度、照度情報の測定にも対応。 価格はオープン、12月末までの特別価格は3980円だ(税別)。

2019年
12月5日
スマートスピーカー、Amazon Echo Studio

本日発売の「Amazon Echo Studio」実機レビュー!Echo最上位モデルによる実力は如何に?

2019年12月5日、AmazonからEcho Studioの販売が開始された。 Echoシリーズでは唯一となるDolby Atmos技術により、音に空間、明瞭性、奥行きが追加されたEchoシリーズ上位モデル。 価格は24,980円だ。

2019年
12月5日
スマートLED電球、アプリ「+Style」

プラススタイル、Wi-Fiネットワークに直接繋がるE17口金スマートLED電球を発売

Wi-Fiモジュールを搭載しており、ハブを経由することなく直接Wi-Fiネットワークに接続できる。 スマートフォンアプリ「+Style」から、明るさを変更する調光、電球色~昼光色の調色が可能。 アプリでは、スマートロボット掃除機やスマートLED電球、スマートLEDシーリングライトなどと一緒に管理できる。

2019年
12月4日
4Kレグザ、Amazon Prime Video

東芝4Kレグザ「X920」など、'18年モデルがAmazon Prime Video対応

3日、'18年発売の4Kレグザを対象に、動画配信サービス「Amazon Prime Video」に対応するソフトウェアアップデートを開始した。 対象モデルは有機EL「REGZA X920」シリーズと、液晶「REGZA Z720X」「BM620X」「M520X」シリーズ。

2019年
12月4日
AQUOS、4Kレコーダー

AQUOS 4Kレコーダー、4K放送の2K変換やスマホ動画&写真のWi-Fi取り込みに対応

AQUOSブランドの4Kレコーダー「4B-C40BT3、4B-C20BT3、4B-C10BT3」の本体ソフトウェアをアップデート。 レコーダーに取り込める「スマホデータ転送」の機能を追加するアップデート。

2019年
12月4日
スマートスピーカー、Echo Flex

壁面コンセントに直接接続、モジュール式で機能を追加できるスマートスピーカー「Echo Flex」を使ってみた (1/4)

自宅内でのAlexaデバイスの聞き取り範囲を広げられる。 ナイトライトや動きを検知しさまざまなアクションを実行できるモーションセンサーを備えている。

2019年
12月4日
スマートハウス

【最新】スマートハウス導入のメリットとは?注意点や関連製品を交えて徹底解説

スマートハウスに関することを網羅的に徹底解説します。 基礎知識からメリット・デメリット、今後の展望、関連製品の紹介などを交えながら詳しく解説していきます!

2019年
11月28日
4K8K放送

4K8K放送視聴機器が200万台突破、深田恭子は推進キャラ卒業。設備改修助成金の締切も

新4K8K衛星放送がスタートした2018年12月1日から、間もなく1年を迎える。 新4K8K衛星放送の視聴可能機器台数が10月末で累計200万台を超えたことも発表された。

2019年
11月28日
Android TV端末、Wi-Fiルータ

ジョイスティックリモコン付属のAndroid TV端末「Air Stick 4K Joystick edition」

CCC AIRは、ジョイスティックタイプの新型リモコンを付属したAndroid TV搭載デバイス 「Air Stick 4K Joystick edition」を11月22日より発売する。価格は12,800円。 4K/60pの映像出力に対応し、HDR(HDR10)をサポート。YouTubeやTSUTAYA movie、Netflix、AbemaTV、YouTube、 GYAO!、DAZN、hulu、Spotifyなどのアプリをプリインストールされている。 Googleアシスタントに対応し、Chromecast built-in。 ルータ機能時は、2.4/5GHz Wi-Fi機器(IEEE 802.11b/g/n/ac)を最大8台まで接続できる。

2019年
11月19日
ワイヤレススピーカー、Googleアシスタント対応

JBL、Googleアシスタント搭載のワイヤレススピーカー「LINK Portable」

11月29日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は14,800円。カラーはブラック。 Googleアシスタントを搭載し、対応スマート機器の遠隔操作も行なえる。Wi-Fiは、IEEE802.11a/b/g/n/acに対応。 Androidデバイスと連携するChromecast built-inに加え、新モデルではAirPlay2をサポート。

2019年
11月15日
Fire TV Cube、Amazon

AmazonがTVをジャック、地方のTV難民マストバイ?「Fire TV Cube」を試す

Fire TVシリーズの新しいラインナップが、「Fire TV Cube」(第2世代)だ。日本では11月5日より出荷が開始された。 日本に「Fire TV Cube」が登場したのは初めてだが、製品としては第2世代というわけだ。 満を持してワールドワイド発売となったFireTV Cubeの魅力を、早速調べていこう。

2019年
11月14日
ネットワークカメラ、TP-Link

フルHD対応なネットワークWi-Fiカメラ、TP-Link「Tapo C200」

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は、ネットワークWi-Fiカメラ「Tapo C200」の先行販売をクラウドファンディングサイト「Makuake」で開始した。 募集開始した初日だけですでに目標金額の255%を達成し、 現在は25%オフの3370円で購入できる「通常割」のみ受け付けている(価格はいずれも税込)。

2019年
11月13日
アイリスオーヤマ、4K対応テレビ「LUCA」

アイリスオーヤマ“テレビ事業”本格参入。ネット接続不要で音声操作できる4Kテレビ

アイリスオーヤマは13日、テレビ事業への本格参入を発表。 ネット接続することなく音声操作できる4K対応テレビ「LUCA」を11月20日より順次発売する。 43/49/55型のフロントスピーカータイプと、43/49/55/65型の狭ベゼルタイプ、計2シリーズ7機種を用意。

2019年
11月12日
メッシュWi-Fiルーター、モーションセンシング機能

人の動きをWi-Fiで感知する「Linksys Aware」、トライバンドのメッシュWi-Fi「Velop」向け

Wi-Fiセンサー技術を応用したモーションセンシング機能「Linksys Aware」のサービス提供をメッシュWi-Fiルーター 「Velop」のトライバンド製品向けに開始した。料金(税込)は300円/月または2700円/年だが、90日間は無料で試用できる。 Origin WirelessのWirelessAI技術を応用してWi-Fiネットワーク内の変化状況を解析することで、 監視用カメラなどのハードウェアを用いずに人の動きをリアルタイムで検知・記録できるという。

2019年
11月11日
スマートスピーカー、普及

スマートスピーカーが日本で普及しない理由とは

音楽を再生するだけのスピーカーになってしまってはいないだろうか。本記事では、スマートスピーカーの現状を整理する。

2019年
11月8日
Amazon Fire TV Cube

ヘキサコアで爆速、声でも操作できるAmazon「Fire TV Cube」(第2世代)を使ってみる

AmazonのFire TVシリーズ史上最もパワフルという「Fire TV Cube」(第2世代)が5日、いよいよ発売された。価格は14,980円(税込)。 Amazon Prime Video、YouTube、Netflix、Hulu、DAZN、AbemaTV、TVerなどがテレビで楽しめる。 Alexaを使って、ハンズフリーの音声操作も可能でコンテンツに素早くアクセスできる。

2019年
11月7日
Wi-Fiルーター、IPv6 IPoE

IPv6 IPoEの各方式に対応、1.1万円で最大1733MbpsのWi-Fiルーター「WN-DX2033GR」、アイ・オーが発売

IPv6 IPoEの各種方式を利用でき、IEEE 802.11ac対応のWi-Fiルーター「WN-DX2033GR」を11月下旬に発売する。 v6プラス、transix、OCNバーチャルコネクト、IPv6オプションのIPv6 IPoE各方式に対応している。IPv6 IPoE接続サービスの利用には対応ISPへの申し込みが必要となる。

2019年
11月5日
ソニー、PC TV Plus

ソニー、PC TV Plusアプリに機能追加。'19年発売ソニーBDレコーダも対応

ソニーは、ネットワークレコーダー「nasne」やソニー製BDレコーダーの録画/放送番組をPCで視聴できるソフト「PC TV Plus」を10月29日にアップデート。 対象機種や機能の追加を行なった。アップデート後のバージョンはVer.4.1。'19年のソニーBDレコーダーを追加したほか、 J:COM TVセットトップボックスの録画番組のダビング(アップロード受信)に対応。

2019年
11月5日
ソニー、PC TV Plus

オンキヨー&パイオニアのAV機器が「Roon Tested」対応。ネットワーク音楽再生に最適化

オンキヨー&パイオニアは、オンキヨーブランドとパイオニアブランドのAV機器においてネットワークオーディオ再生のRoonと連携する 「Roon Tested」の指定を受けたと発表。対応するAVアンプなどの情報を公開した。

2019年
10月31日
東芝BDレコーダー、時短

“時短”の東芝BDレコーダーにUHD BD対応モデル。レグザ連携で高画質再生&音声操作も

東芝映像ソリューションは、BDレコーダー「レグザブルーレイ」の新モデルとして、 Ultra HD Blu-rayの再生に対応した3機種を11月下旬より順次発売する。店頭予想価格は、 3TB HDD搭載「DBR-UT309」が85,000円前後、2TB「DBR-UT209」が75,000円前後、1TB「DBR-UT109」が65,000円前後。

2019年
10月31日
HDDレコーダー、4Kチューナ

東芝、ダブル4Kチューナ搭載のHDDレコーダー。みるコレ&4K番組の時短再生も

BS 4Kチューナーを2基搭載したHDDレコーダー「D-4KWH209」を11月下旬より発売する。店頭予想価格は70,000円前後。 2TB HDDを内蔵し、クラウドサービスの「みるコレ」や、レグザブルーレイの「時短」機能を搭載したHDDレコーダー。

2019年
10月31日
Wi-Fi中継機、コンセント直挿し

3980円のコンセント直挿し型Wi-Fi中継機、バッファロー「WEX-733DHPS」

11月下旬に発売する。Amazon.co.jpでは3980円(税込)で予約を受け付けている。IEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応し、 最大通信速度は433Mbps(5GHz帯)または300Mbps(2.4GHz帯)で、デュアルバンド同時接続に対応する。

2019年
10月28日
REGZA X930、Alexa対応

4K有機ELレグザ「X930」がハンズフリー音声操作とAlexa対応。画質向上も

28日、4K有機ELテレビ「REGZA X930シリーズ」を対象とした音声アシスタントの機能向上を発表。 最新ファームウェアにバージョンアップすると、レグザ本体に直接話しかけるだけで、 音声による本体操作とAlexaがハンズフリーで利用できるようになる。

2019年
10月24日
DIGA、長時間録画

パナソニックDIGAの4K長時間録画モードが強化。8~12倍のおまかせも

Blu-ray Discレコーダー「おうちクラウドディーガ」の新4K衛星放送チューナー内蔵モデル「DMR-4W400」など3機種を11月13日にアップデート。 4K番組を長時間録画できる7つのモードを追加する。

2019年
10月24日
スマートディスプレイ、Lenovo

スマートディスプレイとしても使えるAndroidタブレット「Lenovo Yoga Smart Tab」

レノボ・ジャパンは、Googleアシスタントを搭載し、スマートディスプレイとしても使えるタブレット「Lenovo Yoga Smart Tab」を10月25日に発売する。 価格は31,800円。

2019年
10月23日
Amazon Echo

第3世代に入ったAmazon Echo、「Amazon Music HD」は我々の音楽生活を変えるか!?

今回は第3世代EchoとEcho Dot with clockをお借りした。新Echo 2モデルを試してみよう。 第3世代Echoは音楽再生機としてかなり楽しめると思う。特にAmazon Music HDがサービスインしたのは大きい。

2019年
10月18日
Wi-Fi 6対応製品

Wi-Fi 6対応で1.2万の「Archer AX50」、トライバンドで4.5万の「Archer AX11000」、TP-LinkがWi-Fi 6製品を拡充

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は、次世代通信規格であるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応するWi-Fiルーターの新製品発表会を実施。 5800円のデスクトップ用Wi-Fi 6カードなど、Wi-Fi 6対応製品のラインアップを10月31日から発売する。

2019年
10月18日
スマートホーム、MANOMA

ソニーがスマートホームサービス「MANOMA」のUIをリニューアル、視認性や操作性を強化

MANOMAは、「セキュリティ」「オートメーション」「見守り」に家事代行などの「家ナカサービス」を加えたスマートホームサービス。 ユーザーは外出先から自宅の見守りを行ったり、家ナカサービスを不在時でもセキュアな環境で受けられるなど、 多様なサービスを利用できる。

2019年
10月17日
Wi-Fi 5ルーター

バッファロー、6000円でIPv6 IPoE対応のWi-Fi 5ルーター「WSR-1166DHPL」

最大通信速度は、5GHz帯が866Mbps、2.4GHz帯が300Mbps。推奨される同時接続台数は12台。アンテナ2本を内蔵し、 2×2のMU-MIMOに対応。2台の端末の通信を同時に処理できる。また、ビームフォーミングにも対応する。

2019年
10月16日
スマートディスプレイ、Google Nest Hub Max

カメラ搭載、手をかざして操作できる「Google Nest Hub Max」

カメラとマイク、10型のHDディスプレイを搭載し、ジェスチャーでも操作できる新しいスマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」 を11月22日に国内で発売する。ChalkとCharcoalの2色展開で、価格は28,050円(税込)。

2019年
10月16日
Google Nest、新製品

Google、高音質化したスマートスピーカー「Nest Mini」、イヤフォン「Pixel Buds」を日本で披露

Googleは16日、日本で新ハードウェアの発表会を開催。新スマートフォンのPixel 4を披露すると共に、 スマートスピーカーの「Google Nest Mini」、スマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」、イヤフォンの「Pixel Buds」、 無線LANルーターの「Nest Wifi」も紹介した。

2019年
10月16日
Google Nest Wifi、新製品

メッシュWi-Fi対応ルーター「Google Nest Wifi」近日発売

メッシュWi-Fi対応ルーターの新モデル「Google Nest Wifi」の近日発売を予告した。 価格はルーターと拡張ポイントのパックで3万1900円(税込)。Nest Wifiの大きな特徴に、 拡張ポイント側にGoogleアシスタント対応のスマートスピーカー機能を内蔵させた点がある。音楽配信サービスの再生操作や聴取、 ネットワーク家電の操作などを音声で行うことができる。

2019年
10月15日
スマートホーム、シャープ

シャープ、世界最大級8Kディスプレイ披露。シースルー液晶、クラウド連携家電も

シャープは、幕張メッセで10月15日に開幕した「CEATEC 2019」に8Kディスプレイや透明スクリーン、 スマートホームを実現するCOCORO HOME関連製品などを展示している。 スマート家電/スマートホーム関連のコーナーでは、アプリ「COCORO HOME」を通じて、「COCORO KITCHEN」、 「COCORO WASH」などシャープの「COCORO LIFEサービス」と他社サービスを連携させる技術などを紹介。

2019年
10月15日
スマートホーム、シャープ

シャープ、世界最大級8Kディスプレイ披露。シースルー液晶、クラウド連携家電も

シャープは、幕張メッセで10月15日に開幕した「CEATEC 2019」に8Kディスプレイや透明スクリーン、 スマートホームを実現するCOCORO HOME関連製品などを展示している。 スマート家電/スマートホーム関連のコーナーでは、アプリ「COCORO HOME」を通じて、「COCORO KITCHEN」、 「COCORO WASH」などシャープの「COCORO LIFEサービス」と他社サービスを連携させる技術などを紹介。

2019年
10月11日
スマートホームデバイス

IDC、スマートホームデバイスの出荷数は14.4%の年間平均成長率で2023年には13億9,000万台に達すると予測

Fire TVやChromecastなどのビデオエンターテイメントデバイスの出荷量が最も多い。 スマートカメラやスマートロックなどのホームモニタリング/セキュリティデバイスは、18.4%のCAGRが見込まれ、 2023年には全出荷量の22.1%になると予測される。

2019年
10月11日
4K放送、STB端末

ドコモ、光回線でBS4K番組が観られるSTB「テレビターミナル02」

「ひかりTV for docomo」などドコモの映像サービスに対応したAndroid TV 9搭載のSTB端末。新モデルでは、 光回線を使った4K放送受信をサポートする。'20年春に発売する。価格は未定。

2019年
10月11日
全天球カメラ、Alexa

THETA V/Z1がAlexa対応。Echoに話しかけて動画・静止画撮影

リコーは、全天球カメラ「THETA V」と「THETA Z1」向けの新プラグインとして、 Alexa搭載デバイスに話しかけてTHETAを操作できる「Smart Device」をリリースした。

2019年
10月10日
折り畳みスマホ、Galaxy Fold

開くと7.3型、閉じると4.6型の折り畳みスマホ「Galaxy Fold」。auから10月25日発売

解像度はメインがQXGA+で、Dynamic AMOLED(有機EL)、カバーがHD+でSuper AMOLED(有機EL)。 大画面を3分割してアプリを同時に表示できる。

2019年
10月10日
HDMIスティック型端末、Miracast

8000円でフルHDをWi-Fi転送、HDMIスティック型Miracast端末「EZCast 2」

Wi-FiでPCやスマートフォンの映像を受信してミラーリング出力できるHDMIスティック型端末「EZCast 2」を11日に発売する。 アクセスポイントとしても動作し、Wi-Fi環境がない場所でも利用できる。Miracastに対応し、 Windows/macOS/Android/Chrome OSの端末から最大で1920×1080(60p)解像度の映像出力が可能。 映像コーデックにはH.265を採用している。

2019年
10月9日
スマートホーム、LIFE UP プロモーション

IoT家電を使うとギフトカードがもらえる?経産省主導の「LIFE UP プロモーション」とは

コンソーシアムを組んだ各社を介し、消費者がポイントやギフト券を受け取ることができるというものだ。 これら施策の要点を2社(大阪ガス、シャープ)に聞いてみた。

2019年
10月8日
プレイステーション 5

「プレイステーション 5」は2020年末発売。UHD BD対応、ゲームを最大8K出力

超高速アクセスが可能なカスタムSSDと、AMD製カスタムチップセットを搭載。 コントローラーには従来の振動技術に代わりハプティック技術を搭載。 「圧倒的な没入感を演出するゲームの世界をお楽しみいただけるようになる」という。

2019年
10月7日
PS4、リモートプレイ

PS4の新ファームVer.7.00が8日公開。Xperia以外のAndroid端末でリモートプレイ可能に

PS4の画面をモバイル機器に表示し、モバイル機器に表示されるコントローラーを使って、PS4を操作できるリモートプレイ機能が進化。 これまでiOS端末、Xperia、Windows PC、Macが対応していたが、Xperia以外のAndroid端末でも利用できるようになる。

2019年
10月4日
レグザ、スマートスピーカー連携

レグザ、スマートスピーカー連携機能が向上。シンプルな発話で操作可能に

呼び出す際に“レグザを使って”と発話しなくても、“テレビ”というワードでレグザをコントロールできるようになった。 対象機種はX930、X830、Z730Xなど、14シリーズ。新しい操作方法Direct Actionsをサポート。 「レグザを使って」という言葉を発することなく「OK Google, “テレビ”をつけて」のように、シンプルな発話でレグザを操作できるようになった。

2019年
10月1日
ネットワークカメラ、Qwatch

アイ・オーのネットワークカメラ「Qwatch」、他社製NASへ録画できる「ONVIF Profile S」に対応

ネットワークカメラ「Qwatch」シリーズ3製品向けに、「ONVIF Profile S」対応の最新ファームウェア「1.02.18」の提供を開始した。 ONVIFへの対応により、規格に準拠した異なるメーカーのNASやNVRといったレコーダーと連携し、 動画の保存などが可能とされている。屋外設置向けの「TS-NA220W」「TS-NA220」と、屋内向けの「TS-NS210」が対応する。

2019年
9月27日
Amazon、Alexa

ウェアラブルEcho、空間オーディオ、新通信規格と拡大するAmazonハード事業の狙い

米国時間9月25日に開催された、AmazonのAlexaデバイスを中心とした発表会に関する詳報をお届けする。

2019年
9月27日
IFA、家電見本市

高画質競争の主戦場は8Kへ? IFAで山之内正が見た次世代テレビの姿

見本市大国のドイツで、特に成長著しいのが毎年9月にベルリンで行なわれる家電見本市のIFAである。 2019年のIFAで筆者の興味を引いた展示を2回に渡って紹介する。今回は映像編をお届けしよう。

2019年
9月26日
Amazon、新デバイス

Amazonの“指輪”登場、Echo新デバイスを体験。スマートグラス、イヤフォンなど多数

米Amazonは現地時間の9月25日、ワシントン州シアトルにある本社で、今年の年末以降に発売する新デバイスの発表会を行なった。 多数のデバイスが発表されているが、まずは現地からハンズオンイベントの様子をお伝えしたい。

2019年
9月26日
スマートスピーカー、Echoシリーズ

Amazon Echo刷新。ソニー360 Reality Audio対応Echo Studio、コンセントに差し込むEcho Flex

Amazonは26日、新しいEchoシリーズを発表した。26日から予約受付を開始しており、 価格は最上位スマートスピーカー「Echo Studio」が24,980円(税込)、「Echo(第3世代)」が11,980円(税込)、 プラグイン式のスマートスピーカー「Echo Flex」が2,980円(税込)、 LED時計搭載の新しいEcho Dotである「Echo Dot with clock」が6,980円(税込)。

2019年
9月25日
スマートホーム、with HOME

IoTで留守中の自宅を確認できる「ファミリーネット・ジャパン×with HOME」受付開始

家電コントロールの単一機能ではなく、留守中の防犯対策、子どもやペットの見守りといったセキュリティ機能までをも網羅したIoTサービスの検討を開始した。 利用料金は、初期費用が2,000円(税抜き)、基本利用料が毎月490円(税抜き)、希望の「with HOMEデバイス」の料金だ。

2019年
9月25日
スマートホーム、CONNECT

オールコネクトとSBパワー、自宅のドアの開閉や気温などをアプリで確認できるIoT機器「CONNECT」を販売開始

CONNECTは、設置工事が不要なワイヤレスマルチセンサーである。「コネクトハブ」を自宅のインターネット(Wi-Fi)に接続し、 「コネクトセンサー」を自宅のドアなどに設置する。

2019年
9月20日
VIERA、BS4Kチューナ2基

パナソニック、BS4Kチューナ2基に強化した「VIERA GX855」。地震に強いスタンド

新4K衛星放送のダブルチューナーを内蔵した4K液晶テレビ「VIERA GX855」シリーズを10月18日に発売する。 43/49/55/65型の4モデル。1月に発売した「VIERA GX850」シリーズの後継機。 Googleアシスタント対応のスマートスピーカーから音声で操作できる機能を搭載。

2019年
9月12日
AQUOS、4Kレコーダ

シャープ、BD/地デジ番組を“4K放送級”にアプコンするAQUOS 4Kレコーダ

新開発の高画質エンジンを搭載した「AQUOS 4Kレコーダー」の新モデルを10月24日より発売する。 '18年11月に発売した「AT3」シリーズの後継機種。液晶テレビAQUOSやスマートスピーカーと連携した「声でラクラク操作」にも対応。 スマートフォンで撮った写真や4K動画をレコーダーに転送する「スマホ写真・動画まるごとストレージ」機能に新対応。

2019年
9月11日
スマートスピーカー、Alexa

「アレクサ、もっとゆっくり話して」Amazon Alexaの話す速度が調整可能に

Amazonは11日、Alexaの話す速度をユーザーが調整できるようにした。「アレクサ、 もっとゆっくり話して」、 「アレクサ、もっと速く話して」と呼びかけると、話す速度を7段階で調整できる。 Amazon EchoシリーズなどのAlexa搭載デバイスで利用可能。

2019年
9月9日
REGZA、Prime Video

東芝4KレグザがAmazon Prime Video対応。'18/19年発売の9シリーズ

'18/19年に発売された4Kレグザを対象に、動画配信サービス「Amazon Prime Video」に対応するソフトウェアアップデートを実施する。 19年発売モデルは9月10日、18年発売モデルは12月に提供予定。

2019年
9月9日
スマートスピーカー、Move

Sonos、外でも使えるスマートスピーカー「Move」。手持ち機器をスマート化するアダプタも

屋内外でパワフルなサウンドが楽しめるというスマートスピーカー「Sonos Move」を発表した。 9月24日より世界各国で発売され、日本では'20年春より46,800円で販売予定。

2019年
9月5日
Fire TV Cube、Alexa対応

最もパワフルなAmazon「Fire TV Cube」(第2世代)登場。4K/Dolby Vision、Alexa対応

Amazon Prime Video、YouTube、Netflix、Hulu、DAZN、AbemaTV、TVerなどがテレビで楽しめ、 ヘキサコアプロセッサを搭載した高い処理能力を活かして4K/60pまでのストリーミング受信・表示も可能。 価格は14,980円(税込)で、11月5日出荷開始予定。Amazon Alexaを通じたハンズフリーでの音声操作も可能。 Alexaを通じて、対応するテレビやサウンドバー、AVアンプ、その他のスマートホームデバイスをコントロールできる。

2019年
9月5日
ボーズ、スマートスピーカー

ボーズ、持ち運べる360度スマートスピーカー「Portable Home Speaker」

ボーズは、バッテリー駆動が可能で、Bluetooth/Wi-Fi/AirPlay 2接続に対応、 スマートスピーカー機能も備えている「Bose Portable Home Speaker」を9月26日似発売する。 価格は4万円。9月5日から先行予約を開始する。

2019年
9月4日
U-NEXT、Googleアシスタント対応

U-NEXTがGoogleアシスタント対応。検索や一時停止・早送りを声で操作

動画再生にはChromecast、またはChromecast built-inに対応したテレビが別途必要。 Google Nest Hubなどのスマートディスプレイでは、本体のディスプレイ上で映像が再生できる。

2019年
9月2日
ソニー、4KBDレコーダ

ソニー初の4Kチューナ搭載BDレコーダは8.5万円から。4Kダブルでおまかせ・まる録&11倍録画

11月16日より発売する。3番組同時録画に対応した4TB HDD内蔵の「BDZ-FBT4000」など、全6製品をラインナップ。 別部屋のテレビなどで再生できるソニールームリンク(DLNAサーバー)機能を搭載。

2019年
9月2日
スマートホーム、パナソニック

パナソニック、スマートスピーカーから家中の照明をコントロールできる配線器具「アドバンスシリーズ リンクモデル」の新製品を発売

スマートフォンやタブレット、スマートスピーカーから家中の照明をコントロールできる配線器具「アドバンスシリーズ リンクモデル」の新製品を2019年12月21日に発売する。 同製品を2020年度で23,000台販売することを目標としている。希望小売価格(税抜・工事費別)は4,800円~16,700円。

2019年
8月30日
スマートウォッチ、Alexa対応

Alexa音声操作対応スマートウォッチ「Fitbit Versa 2」。26,990円

マイクを備え、フィットビット初となるAmazon Alexaに対応。音楽やPodcastのコントロールが可能なSpotifyアプリも搭載する。 5日間以上のバッテリー寿命を実現。

2019年
8月29日
ワンセグチューナー、9分割表示

ワンセグ全チャンネルを1画面に9分割表示できるチューナー

サンワサプライは、業界初という地上デジタル放送のワンセグ全チャンネルを1画面に9分割表示できるチューナー「400-1SG006」を29日に発売した。 直販サイトでの価格は83,148円。

2019年
8月29日
スマート家電、+Style

プラススタイル、スマートロボット掃除機・スマートLED電球などオリジナルスマート家電6製品を発売

日本の住環境に合わせて企画・開発したオリジナルのスマート家電6製品を本日から順次発売開始した。 どの製品も1つのアプリ「+Style」で管理できる。スマートスピーカーと連携。

2019年
8月27日
三菱REAL、HDD内蔵4K

三菱、BDに4Kダビングできる2TB HDD内蔵4Kテレビ「REAL RA2000」

58型、50型、40型の3モデルをラインナップ。10月下旬より発売する。 録画した4K放送を“4K画質のままBD記録”する「4Kダビング」が可能になったほか、 ネットワーク再生機能を強化。録画済み番組が宅内のテレビやプレーヤーで再生できるDLNAサーバに加え、 録画番組の宅外視聴に対応。アプリ「DiXiM Play」を使うことで、ダウンロード/オンライン視聴が可能になる。

2019年
8月27日
スマートホーム、au HOME

KDDI、auのホームIoT「au HOME」に新しいデバイス、料金プランを追加

新しいデバイスとして「ネットワークカメラ 03」「赤外線リモコン 02」「開閉センサー 03」をラインアップに追加すると共に、 料金プランのうち「おすすめセットプラン」として「声で家電コントロール&みまもりセット」プランを追加する。

2019年
8月16日
ネットワークスピーカー、SONOS

ネットワークスピーカー最強!? 世界で売れてる「SONOS」の凄さ

SONOSの主力製品は「SONOS ONE」(直販23,800円)というモノラルのネットワーク対応アクティブスピーカーだ。 また、宅内にあるすべてのスピーカーを、ネットワーク内で自由に構成できるインテリジェント(自律的に機能する)スピーカーシステムだ。 まずは、SONOSというシステムの特徴を整理するところからコラムを始めることにしよう。

2019年
8月16日
スマートスピーカー、HomePod

アップル、HomePodを8月23日発売

アップルは、部屋にあわせて音質を自動調整するスマートスピーカー「HomePod」を8月23日に発売する。価格は32,800円。 16日より予約を開始した。カラーはホワイトとスペースグレイ。

2019年
8月16日
スマートスピーカー、使い方

スマートスピーカー6台を使い分ける。家電コントロールの細かい話

スマートスピーカーやスマート家電を複数台使うからこそわかる便利さもある。今回は家電のコントロールをメインとして、 複数台のスマートスピーカーを設置している環境での利用術を紹介する。

2019年
8月13日
スマートスピーカー、HomePod

アップル「HomePod」が家に来た! “音質&スマートさ”の実力は?

アップルのスマートスピーカー「HomePod」が、日本でも今夏発売される。 すでに海外での評判は聞き及んでいるだろうが、あらためてここで評価したい。

2019年
8月13日
スマートスピーカー、HomePod

アップル「HomePod」の実力。Apple Musicユーザーには最適

アップルのスマートスピーカー「HomePod」が、ようやく日本市場で販売される。 アメリカを中心とした英語圏では1年半前に発売を開始していた製品だが、今回、音声認識を含めた日本語化が行なわれ、 国内での正式販売が今夏に開始される。価格は32,800円。

2019年
8月9日
Fire TV、Alexa

Fire TVで、Alexaのアナウンス機能が利用可能に。他の部屋の家族に「お風呂沸いたよ」

Amazon.co.jpは9日、Alexaのコミュニケーション機能の一つであるアナウンス機能を、Fire TV端末でも使えるようにした。 Alexa対応音声認識リモコンの音声認識ボタンを押しながら、「一緒に映画を見ようよってアナウンスして」とAlexaに話しかけると、 同じAmazonアカウントでログインしたAlexa搭載デバイスを通じ、他の部屋にいる家族に一斉にアナウンスできる。

2019年
8月8日
スマートスピーカー、Bose

BoseスマートスピーカーがGoogleアシスタント/Alexa両対応に。Home Speaker 300発売

ボーズは、スマートスピーカーの新モデル「Home Speaker 300」を8月22日に発売する。価格は3万円。 8月8日より予約を開始した。また、同モデルの発売に合わせてボーズのスマートスピーカーやサウンドバーが、 新たにGoogleアシスタントに対応することも発表した。

2019年
8月6日
スマートスピーカー、Bluetoothスピーカー

ソニー、Googleアシスタント/Alexa対応の光る重低音スピーカー。音場拡大と音質強化

ソニーは、重低音再生が楽しめるBluetoothスピーカー「EXTRA BASS」の新モデルとして、 音声アシスタント対応の「SRS-XB402シリーズ」を8月31日より発売する。 Googleアシスタント対応「SRS-XB402G」、Amazon Alexa対応「SRS-XB402M」の2機種をラインナップ。

2019年
8月1日
アプリ、スマホdeレグザ

東芝、レコーダ用アプリ「スマホdeレグザ」。無料で宅外視聴や番組持出し

東芝映像ソリューションは、BDレコーダー「レグザブルーレイ」「レグザタイムシフトマシン」シリーズと連携するアプリ「スマホdeレグザ」 を8月1日にリリースする。スマートフォンを使い、レコーダーの操作や番組視聴などが無料で行なえる。

2019年
7月31日
デジタルTV、LG

LG、TVの2019年モデル全機種を順次アップデート。AirPlay 2、Siri対応

LGエレクトロニクス・ジャパンは、日本で展開するテレビの2019年モデルにおいて、 AirPlay 2とHomeKitに対応させるソフトウェアアップデートを30日から順次開始した。 対象となるのは、有機ELテレビ「W9P」シリーズや、液晶テレビ「SM9000P」シリーズを含む、2019年モデル全て。

2019年
7月30日
クラウド、DIGA

パナソニック、スマホ連携で写真・動画がシェアできる「おうちクラウドDIGA」

パナソニックは、スマートフォンと連携しテレビ番組や写真・動画・音楽が楽しめるブルーレイレコーダー「おうちクラウドDIGA(ディーガ)」 の新モデルを8月23日より発売する。チューナー数とHDD容量の異なる3モデルをラインナップ。 前世代で採用した白く小さな筐体デザインはそのままに機能を強化。 3モデルの違いはチューナー数とHDD容量の違いで、その他の基本機能は共通。

2019年
7月30日
レグザ、動画配信サービス

4KレグザX930/X830/Z730X等が「Paravi」対応、Z730XはHDR10+もサポート

東芝映像ソリューションは、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」に対応するソフトウェアアップデートを7月31日に実施する。 また、Z730Xはアップデートにより、HDRの規格であるHDR10+にも対応する。 アップデートにより、Paraviで配信されるコンテンツをテレビで視聴できるようになる。

2019年
7月30日
レグザ、Alexa

4Kレグザ「X930/Z730X/RZ630X」レグザボイス進化、Alexaに話しかけニュース再生

東芝映像ソリューションは、声で操作できる「レグザボイス」機能と、Alexa機能を内蔵するソフトウェアアップデートを7月31日から実施する。 これにより、リモコンの「ボイス」ボタンを押し、見たい番組名やシーン名を話しかけるだけですぐに再生できるようになる。

2019年
7月29日
ディスプレイ、360度映像表示

ソニー、360度映像を表示可能な円筒透明スクリーンディスプレイを開発

コンピュータグラフィクスとインタラクティブ技術の国際会議「SIGGRAPH 2019」において、 ホログラムスクリーン技術を使った360度映像表示可能な円筒透明スクリーンディスプレイの開発品を展示している。 ソニーではこれらの技術で、周囲の空間と映像が融合した新たな映像体験を提供するという。

2019年
7月29日
Wi-Fi6、ルーター

Wi-Fiでギガ越え! 11ax対応ルーター3兄弟どれを選ぶ?

Wi-Fiの市場で、“Wi-Fi 6”ことIEEE 802.11axの存在感が一気に高まりそうだ。 「そろそろWi-Fi 6を……」と検討を始めた人に向けて、用途や予算に合わせたWi-Fi6対応ルーターの選方をお届けしよう。

2019年
7月26日
nasne、ネットワークレコーダー

nasne、ついに出荷完了。発売から約7年、後継機は未定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、近日出荷完了予定とアナウンスしていたネットワークレコーダー「nasne(ナスネ) CUHJ-15004」を、 出荷完了したことをnasneの製品情報ページで26日に告知した。

2019年
7月26日
4K内蔵TV、VIERA

パナソニック、4Kチューナ内蔵液晶TVスタンダード「VIERA GX500」。約10万円から

新4K衛星放送チューナーを内蔵した4K液晶テレビのスタンダードモデル「VIERA GX500」シリーズを8月23日に発売する。 49型「TH-49GX500」と43型「TH-43GX500」をラインナップ。映像配信サービスを楽しむ事もできる。AbemaTVにも対応。 Googleアシスタント対応のスマートスピーカーから音声で操作できる機能も搭載。AmazonのAlexaもサポート。

2019年
7月26日
スマートディスプレイ、Echo Show

見て触れるから更に使いやすい。「Echo Show 5」はビデオ通話も魅力

スマートスピーカーにディスプレイが付いた「スマートディスプレイ」で、 9,980円という1万円を切る低価格で話題を集めたAmazonの「Echo Show 5」。 Echo Show 5の特徴であるディスプレイを活用した機能を中心に、実際の生活の中でどのような使い方をしているかを紹介したい。

2019年
7月25日
デジタルTV、4K有機EL

出揃った4K有機EL、液晶TV狙い目はどれ? 山之内正×本田雅一対談【'19夏映像機器編】

今年のテレビは有機ELパネルの更新に加え、4Kチューナー内蔵が当たり前になってきた。 昨年秋モデルもまだ有力な機種が残っている中、'19年上半期にそれぞれが注目する製品を中心に、 製品選びや評価のポイントなどについて語ってもらった。

2019年
7月25日
VR、Amazon Prime Video

VRで映画やTV番組「Amazon Prime Video VR」米英で開始。360度作品も

Amazonは、米国と英国のプライム会員に向けて、VR空間の中で映画やテレビ番組を楽しめる「Prime Video VR」を提供開始した。 360度ビデオを含む様々なコンテンツが、VRヘッドセットのOculus Quest、Oculus Go、Gear VRを使って視聴できる。

2019年
7月23日
スマートホーム、見守りIoT電球「HelloLight」

ハローライト、LEDとSIMを一体化した見守りIoT電球「HelloLight」を世界84カ国に対応

ハローライト株式会社は、家族のための安心家電「HelloLight」を開発し、2019年5月末に初出荷を開始した。 今回、同製品を世界84カ国に対応し新製品「HL02」として、2019年9月末の出荷を予定していると発表した。 現在、次世代型ショールーム「蔦屋家電+」で予約販売を開始している。

2019年
7月22日
スマートホーム、mouseスマートホーム

マウスのスマートホーム販売終了、クラウドサービスは2022年まで

マウスコンピューターは、家電を外出先から操作可能にするIoT機器「mouseスマートホーム」の販売を、7月22日に終了したと発表。 「mouseスマートホーム」は、2017年8月に販売開始。Wi-Fiで接続するハブ機器のほか、スマートLEDライトや空気清浄機、 各種センサーなどを販売していた。

2019年
7月17日
ダビング・ムーブ、RECBOX

アイ・オー、テレビやnasneの録画番組をダビング・ムーブできるHDD「RECBOX」

アイ・オー・データ機器は、テレビやnasneで録画した番組を別室のテレビなどでも視聴できるDLNA/DTCP-IP対応のレコーディングHDD「RECBOX」 の新モデル「HVL-AASシリーズ」を7月下旬より発売する。「自動ダビング」(自動ダウンロードムーブ機能)を搭載。 nasne、DIGA、AQUOSブルーレイなどの対応機器であれば、録画番組をRECBOXに自動ダビングできる。

2019年
7月16日
スマートホーム、ノーリツ給湯器

音声操作でお湯はり、ノーリツの給湯器がGoogle Homeなどのスマートスピーカーに対応

ノーリツは、無線LAN対応給湯器リモコンが、スマートスピーカー「Google Home」などGoogleアシスタント搭載デバイス、 およびLINEの「Clova Friends」などClova搭載デバイスに、2019年8月2日より対応することを発表した。 話しかけるだけで、床暖房やお湯はり運転の操作が可能になる。

2019年
7月11日
Fire TV、YouTubeアプリ

Fire TVでYouTubeアプリが使えるようになったのでインストールしてみた

Amazon.co.jpのスティック型端末「Fire TV」シリーズで9日、YouTubeアプリが利用できるようになった。 さっそくインストールしてみたので、その模様を写真と共にお伝えする。 また、Amazon Prime VideoのアプリがChromecastに対応したので、こちらもテストした。

2019年
7月10日
デジタルTV、AQUOS

4Kチューナ/Android 9搭載の最上位AQUOS 4K「BN1」。画質・レスポンス向上

シャープは、BS4Kチューナーを搭載した4K液晶テレビ「AQUOS 4K BN1シリーズ」を7月27日より発売する。 70型「4T-C70BN1」、60型「4T-C60BN1」、50型「4T-C50BN1」、そして45型「4T-C45BN1」の全4サイズ展開。 '18年11月に発売された4K液晶の最上位シリーズ「AN1」の後継機種。

2019年
7月10日
デジタルTV、AQUOS

4Kダブルチューナーで45型約13万円のAQUOS 4K「BL1」。直下型「BJ1」も

シャープは、BS4K/110度CS4K放送のダブルチューナーを内蔵した液晶テレビAQUOS 4Kの新シリーズ「BL1」と「BJ1」を7月27日に発売する。 OSはAndroid TVで、最新のAndroid 9 Pieを採用。NetflixやAmazon Prime Video、TVer、Abema TV、Hulu、 YouTubeなどのアプリを利用できる。Googleアシスタントの音声操作にも対応。

2019年
7月9日
スマートスピーカー、HomePod

アップル、ついに「HomePod」を今夏発売。32,800円

ホームページ上でアナウンスした。カラーはホワイトとスペースグレイ。海外では既に発売していたが、 日本での発売時期と価格が発表された形となる。 Wi-Fiも搭載し、Bluetooth 5.0やAirPlay 2にも対応。搭載したマイクを活用し、Apple MusicやSiriと連携、 Siriに話かけることで、音楽の再生指示ができる。2台目のHomePodとペアリングすると、ステレオ再生もできる。

2019年
7月9日
Fire TV、YouTube

Fire TVでYouTubeが利用可能に。Prime VideoアプリはChromecastに対応

Amazon.co.jpは9日、Fire TVシリーズにYouTubeの公式アプリが提供開始されると発表した。 さらに9日から、Amazon Prime VideoのアプリがChromecastに対応、 ChromecastおよびChromecast built-in搭載端末へのキャストで、Prime Videoの視聴が可能になる。

2019年
7月8日
スマートディスプレイ、Smart Clock

9,100円のLenovoスマート目覚まし。「おはよう」で天気・予定・ニュース通知

レノボ・ジャパンは8日、Googleアシスタントを搭載した新デバイス「Smart Clock」を発表。 9日から予約販売を開始し、出荷は19日を予定する。 音声操作によるインターネット検索、天気・気温の確認、音楽再生、対応スマート家電のコントロールが行なえる。

2019年
7月8日
スマートディスプレイ、Smart Display M10

レノボ、Googleアシスタント搭載で22,800円の10.1型スマートディスプレイ

レノボ・ジャパンは、Googleアシスタントを搭載した10.1型デバイス「Smart Display M10」を発表。 9日から予約販売を開始し、出荷は19日を予定する。 10.1型/1,280×800ドットのIPS液晶パネルを搭載し、YouTubeなどの動画再生をサポート。 500万画素のカメラを搭載し、720pのビデオ通話もサポートする。

2019年
7月3日
サウンドバー、Alexa

ヤマハ、ネット再生やAlexaに対応したサブウーファ付きサウンドバー「YAS-209」

ヤマハは、ネットワークオーディオ機能を搭載し、Alexaにも対応したサブウーファー付きのサウンドバー「YAS-209」を8月下旬に発売する。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。 「YAS-207」の後継モデルで、ワイヤレスのサブウーファーがセットになったサウンドバー。新機能として、ネットワーク再生機能を搭載。

2019年
7月2日
nasne、PC TV Plus

ソニーnasneと連携する「PC TV Plus」に機能追加パック発売

ソニーは、ネットワークレコーダー「nasne」(近日出荷完了予定)などの録画/放送番組をPCで視聴できるソフト「PC TV Plus」 に機能追加できる「PC TV Plus アドバンスドパック」を、7月1日より販売開始した。 パソコンにダビングした番組のホームネットワーク配信機能などに対応するもので、価格は2,000円で1年間利用可能。 無料の体験版も用意する。

2019年
7月2日
BDレコーダー、DIGA

パナソニック、業界初の4Kダブル&長時間録画に対応したBDレコーダー「4K DIGA」

新機種を7月19日より発売する。ダブル4Kチューナー/4TB HDD搭載「DMR-4W400」とその2TBモデル「DMR-4W200」、 シングル4Kチューナー/1TBモデル「DMR-4S100」の3製品を用意する。

2019年
7月2日
スマートホーム、eMamo

リンクジャパン、多種多様なセンサーを1つのプラットフォームに統合した見守りサービス「eMamo」提供開始

AIとIoTを活用した見守りサービスのトータルプラットフォーム「eMamo(イーマモ)」を開発し、7月から提供開始する。 「eMamo」は、単一製品のセンシングではなく、多種多様なセンサー(ドアセンサー、人感センサー、温度異常、 カーテン開閉など)の結果をトータルで判断して、介護事業者、警備会社、家族に通知する。

2019年
7月1日
4K8K放送、アンテナ不要

アンテナ不要で4K8K放送全ch視聴。フレッツ・テレビで9月開始、アダプタ発売

スカパーJSATとNTT東日本、NTT西日本は、「フレッツ・テレビ」など光回線を使ったテレビサービスにおいて、 新4K8K衛星放送のうちBS/110度CS左旋の4K8K放送の提供を9月1日より開始。 新4K8K衛星放送の全チャンネルを、アンテナ不要で観られるようになる。

2019年
7月1日
有線LAN、USB LANアダプター

4500円で有線LANが2倍速くなる! プラネックスの2.5Gbps対応USB LANアダプター「USB-LAN2500R」

ゲーミングPCを中心に、10Gbpsや2.5Gbpsに対応している製品もちらほら登場している。USB-LAN2500Rは、 速度は10GBASE-Tの4分の1にはなるものの、実売4480円(税込)と従来の半分以下の予算で購入できる上、 USB接続(USB 3.2 Gen1対応)なのでノートPCでも利用することができる製品だ。


最新情報・ニュースの過去履歴は、下記の各ページにまとめてあります。
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2019年1月~6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2018年7月~12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2018年1月~6月)